ハヤリズム -モノとコトのブログ-

MARCH 21歳大学生がシンプルな文章と美しい写真を添えて綴るブログ。月間17万PV程 ガジェット・レビュー・旅行などを主に綴っています。

財布を捨てて、マネークリップだけにした生活

f:id:mrinrin92:20190701004100j:plain
『スマホと財布』これだけは必須で毎日持ち歩くという人がほとんどでしょうか。

少し前までは、僕自身そんな考えでした。財布が無ければ『お金』がないわけで、モノも買えなければ、1日なにも出来ない状態で過ごさなければいけない。でも、改めて考えてみると、「それって財布を持ち歩かなくても出来ること」でした。

 

キャッシュレス社会が急速に進む中で、『スマホと財布の境界』は薄くなりつつあります。現在の世界で、物理的な "お金" を使う必要はそこまでないのかもしれません。財布を持たなければ、その分身軽に動けるようになります。ほんの少しの大切なものは、マネークリップに挟んで出掛けましょう。

 

 

 

 

これまでの財布

f:id:mrinrin92:20190701003307j:plain

ここ数年間くらい、一般的な長財布を使っていました。

紙幣は折らずに使いたかったので、その点で長財布は最適でした。財布の中は常に、紙幣数枚に加えて、カード10枚程度を持ち運んでいました。小銭のポケットが小さく、なるべく小銭を出さないようにするなどの工夫は必要でしたが、基本的に使用感に不満はありませんでした。むしろ、数年使って味が出てきた頃で愛着があるくらい。

 

財布が太ももに刺さる

f:id:mrinrin92:20190701003324j:plain

しかし、『毎日の快適性』という面では、避けられない不満がありました。長さ20-30cmほどあるこの財布は、基本的にズボンのポケットに入れて持ち運ぶことになるですが、椅子に座るときなど、その長さのために、太ももに刺さるように干渉して、『邪魔』という感じが常にありました。

左太ももに違和感を感じながら歩くことは、慣れてしまえばどうってことはないのですが、無いに越したことはない。

 

厚い財布はダサい

f:id:mrinrin92:20190701003336j:plain

それに加えて、もう1つの問題が、『厚くかさばる』ことです。

沢山のカードや小銭の影響もあって、油断すると「財布がパンパン」になっていました。クレジットカードや会員証、免許証などのカードがある分、色々な状況に対応出来るというメリットはあるのですが、それ以上に財布が厚くなるということのデメリットの方が強くなっていました。

実際、10枚近く入っている、カードでも毎日使うものは数枚だけで、非常時を考えて持ち運ぶことにそこまで意味はあるのかと感じていました。

 

毎日使うとなると、先ほど取り上げた『財布が長く干渉する』という点に加えて、その『厚み』は大きな負担になってきます。そこでふと、「本当にこれだけ多くのカード類を持ち歩く必要があるのか」ということを思いつきました。

 

本当に必要なのは、カード数枚だけ

f:id:mrinrin92:20190610134201j:plain

ここ数日を振り返ってみて、本当に毎日使っていたモノを取り出すと、『学生証・ATMカード・メインのクレジットカード』のみに。これくらいならば、マネークリップでも問題ありません。

これに加えて、2,000円を持ち運んでいます。1,000円だと直ぐに無くなってしまうけど、2,000円あれば、とりあえずは大丈夫ということが多くあるので、この額にしました。あとで紹介しますが、それ以上使うときはATMカードも持ち運んでいるので、随時お金を引き出してというやり方で運用しています。

 

個人的に、支払いのほとんどを電子決済(iPhoneのSuica)で行なっているので、2,000円で済んでいるということもあります。『Suica』ならばチェーン店はもちろん、個人のお店でも使える所が多いので、オススメです。

 

学生証

f:id:mrinrin92:20190701003358j:plain

最初は学生証も「画像で取り込んでおけば、わざわざ持ち運ぶ必要はないのではないか」と思ったのですが、図書館に入る際や試験の際などはどうしても物理的な学生証が必須で、持ち運ぶことにしました。

 

免許証は持っていないので、持ち運んではいませんが、持っている人の場合、学生証のポジションがそれになるでしょう。保険証に関しては、ほとんど使う機会がないので持ち運んではいません。画像として保存しておき、年齢確認などのときに使う程度です。

もちろん病院に行くときには持っていきますが、大体「その日の夕方に行く」みたいに決まっていることが多いので、毎日持ち運ぶ必要はないと判断しました。

 

ATMカード

f:id:mrinrin92:20190701003409j:plain

前述したように、2,000円の現金は持ち運んでいます。ほとんどの決済はApple Payを使って行なっているので、現金はそこまで必要ないのですが、未だに「現金のみ」のお店も多く、やはりある程度のキャッシュは手放せません。

そこで、ちょうど良い2,000円が便利です。居酒屋に行っても、割り勘すると1,500円くらい、ランチも1,200円くらいなど、1,000円は越すけど2,000円はいかないっていうことがよくあります。それで、お金が不足してきたら、ATMで下ろすという時の為に、このATMカードを持ち出しています。

 

毎回、ATMを使うと手数料の負担が大きくなってくるので、1,000円×30枚くらいを予め引き出しておき、家の引き出しにしまっています。帰ってきたら、補充するという形です。なので、外出先でATMを使うのは、急に現金が必要になった時くらいで、まだ実際にその場面には出くわしていません。

 

クレジットカード

f:id:mrinrin92:20190701003421j:plain

3枚目にメインで使っている、クレジットカードを持ち出しています。

Suicaが使えなくても、クレカは使えるというお店も多いし、高額決済をするとなると、やっぱりクレジットカードは必須です。この他にも、数枚のカードを持っていますが、実際に多用するのは、これ1枚なので問題はありません。

 

ポイントも1枚にまとめたほうが貯まりやすいし、所有しているクレジットカードが本当に必要なのか、見直すいい機会にもなりました。

 

 

 

ポイントは、『少し不便なこと』

こうして、ミニマリストになっていくのかなぁ...

f:id:mrinrin92:20190701003514j:plain

3枚のカードをマネークリップにまとめましたが、たまに「あのカードが無いから、出来ない」という機会はあります。

でも、次の日にそのカードを持っていけば、問題は解決です。「もしかしたら使うから」ではなく「基本的には使わない」という見方でみることがモノを少なくするためのポイントだと思います。本当に必要なモノは、限られているはずで、財布から見直してみてはどうでしょうか。きっと、スマートな生活になりますよ。