ハヤリズム -モノとコトのブログ-

MARCH 21歳大学生がシンプルな文章と美しい写真を添えて綴るブログ。月間17万PV程 ガジェット・レビュー・旅行などを主に綴っています。

手元の影を無くす、スタイリッシュなライト。『BenQ ScreenBar』レビュー

f:id:mrinrin92:20190520140628j:plain

休日。1日の大半は、パソコンの前にいて、ブログを書いたりウェブブラウジングをしたり。でも、時にパソコンを使わない時もあって、読書だったり勉強というのは、その最たる例です。

そこで、『照明』が必須になってくるのですが、いま使っている、一般的なデスクライトだと、斜めから照らす関係で、どうしても手元に影が出来てしまいます。そんな環境で、「長時間ノートに字を書く」といった作業をするのは、とても目が疲れるし、視力の低下にも繋がったりもします。

 

この不快な環境の対策として、『BenQ ScreenBar e-Reading Lamp』という製品を購入してみました。約12,000円と高級品になりますが、おしゃれなデザインに加えて、機能性も抜群で、「やっぱり高いものはいいなぁ」と感じることになりました。

POINT

-メリット-

・手元の作業の快適性が格段に向上

・確実に手元だけを照らしてくれる

・スタイリッシュでお洒落なデザイン


-デメリット-

・¥11,900と少し高い値段設定

 

 

 

 

 

レビュー & 外観

開封 & 付属品

f:id:mrinrin92:20190420113826j:plain

f:id:mrinrin92:20190420113832j:plain

商品コンセプトは非常に良いにも関わらず、あまり知られていないように感じるこの製品。実際に、友人宅でこれを見つけるまでに、こんなライトがあることすら知りませんでした。

上記で挙げたような、「手元に影が重なって作業がやりにくい」という経験は誰しもあがあるはずです。自宅で、机に向かっているときは、だいたいパソコンで何かをしているときなので、キーボードさえ打てればよくて、これまで ”手元の影” を気にする事はあまり無かったのですが、最近になって資格の勉強をする機会などが増え、気になってしょうがないその環境を打開するべく、このライトを購入してみました。

 

Amazonで販売されており、価格は『¥11,900(2019/04/23現在)』と割高感は否めませんが、その割に内容物は非常にシンプルで「3つのパーツ」しかありません。

仕様詳細はここをクリック

タイトル e-Reading LEDタスクランプ

光源

デュアルカラー LED

カラーレンダリングインデックス

> 80

照度

中央に 1,000 ルクス(高さ 45 cm)

光束

320lm

色温度

2700~6500K

電源入力

5V USB port

消費電力

5W(最大)

材料

アルミニウム合金、 PC / ABS

寸法

45cm x 9.0cm x 9.2cm

正味重量

0.53kg

Wit ScreenBarの仕様 l BenQ

 

各部紹介

4つのボタン

f:id:mrinrin92:20190420113908j:plainf:id:mrinrin92:20190420113844j:plain

本体上部には、4つのボタンがあり、@『明るさ・色温度・自動調光モード・電源』の順で配置されています。

押し込み式のボタンでは無いため、"押した感覚" が掴めないのが、少し気になる所ではありますが、オンオフは非常に簡単で、手を伸ばせば届く距離にあるので、日常的にも使いやすくストレスが溜まることはありません。

 

給電はマイクロUSB

f:id:mrinrin92:20190420113851j:plain

背部にある端子は、マイクロUSBが一つだけで、無駄が削られ洗練されたデザインになっています。最大消費電力が5Wということなので、パソコンのUSBからバスパワーでの電源供給が可能です。

正直、バスパワーでは不安なところがあるので、外部のUSBアダプターから給電した方が良さそうです。

 

Type-Cでは無いのが残念ではありますが、基本的に抜き差しはしないところなので、今回は見逃して起きましょう。

 

モニターへの反射無し

f:id:mrinrin92:20190420113857j:plain

『非対称光学設計』という技術によって、モニターへの写り込みは全くありません。手元のデスクだけを照らし、快適な作業環境を構築してくれます。

 

アタッチメント接続

f:id:mrinrin92:20190420113902j:plain

f:id:mrinrin92:20190420113914j:plain

パソコンのディスプレイ上に "載せるよう" に設置するのですが、そのために必要なのが、付属品のアタッチメントになります。

取り付けは非常に簡単で、「ライト本体の横から通し、中心まで持ってくるだけ」で完了です。ちょうど、給電口用の穴が開けられているので、裏表も迷うことなく取り付けられるはずです。

 

f:id:mrinrin92:20190420113920j:plain

ここまで来たら、あとはこれをディスプレイの上に載せるだけ完成になります。

 

現在の環境 & 設置

f:id:mrinrin92:20190420113926j:plain

いまの部屋環境としては、メインPCとして『iMac 27インチモデル』を使用しており、アームライトと間接照明でデスクを照らしています。

パソコンを使って作業する分には、この環境で何の問題もないのですが、やっぱり手元の作業になると影が重なってしまい、非常に作業が行いにくくなってしまいます。

 

デスク環境については、以前記事にして取り上げたので、興味があればぜひご覧下さい。

 

iMacの上部はわずか幅5mm

f:id:mrinrin92:20190420113932j:plain

購入前の一番の心配だったのが、「この極細のiMacディスプレイに先ほどの照明を取り付けられるのか」ということ。

今回購入した照明が、一般的な照明のように「デスク端に固定して...」などでは無く、"載せる" という設置方法のため、枠の厚さが僅か5mm程しかないiMacに載るのかが心配だったのですが、結論を言えば『何の問題もありませんでした』

 

フレキシブルに対応してくれるので、様々なディスプレイで使用することが出来そうです。

 

問題なく設置完了

f:id:mrinrin92:20190420113938j:plain

f:id:mrinrin92:20190420113831j:plain

実際に設置してみるとこんな感じになりました。設置も非常に簡単で、ライトがディスプレイの上に載っているため、使用の邪魔になることなく、使い勝手はかなり良いです。

iMacのデザインを殺すことなく、デザイン的にもうまくマッチしているのではないでしょうか。

 

部屋を暖色で統一しているのですが、色温度の変更が簡単に出来てしまうので、他の照明も使っている夜は暖色を、昼には寒色をということが簡単に設定可能です。その他、明るさも数段階で調節できるので、手元の作業はかなりやり易くなりました。

 

使ってみての感想

使用前と使用後

f:id:mrinrin92:20190422115759j:plain

f:id:mrinrin92:20190420113838j:plain

使用前と使用後の写真を見るとその差は歴然です。

1枚目の写真が手元に影が写り込んでしまっているのに対して、2枚目のものはノートの上に影がほとんど無くなっていることが確認できます。当たり前に思える環境をつくりだすことは、意外と大変でした。

 

現在住んでいる家が日当たりがあまり良くなく、昼でも手元が少し暗く感じることがあるので、昼でも作業するときには使ったりしています。これが必要な人はそこまで多くないのかも知れませんが、ニッチな要求を完璧に応えてくれる製品でした。

 

残念なところ

基本的な機能には満足しているのですが、一点だけ良くない点がありました。

それが、使っていると途中で電気が消えて、どこのボタンを押しても回復できないという点です。説明書などにも、「自動で消える機能」などの説明は無いし、そうなってしまったらどうする事も出来ません。

 

もしかしたら、バスパワーなので、その電源不足などの可能性はありますが、大丈夫な時は何時間使っていても問題無かったりします。原因が全く分からないので対策のしようがないのですが、同じ製品を使っている友達は「そんなことはない」と言っていたりします。

 

 

 

まとめ

ニッチかも知れないけど、満足度はかなり高いよ

長年の悩みも意外とあっさりと解決してしまいました。英語の勉強をしようとしてたんだけど、「手元が暗くてやる気が起きない」「カフェとかに問題集を持って行って勉強するのも好きじゃない」というキッカケで購入したこの製品でしたが、購入後も結局勉強はしていないので、最終的には勉強は『本人のやる気次第』で環境は関係無いかもしれませんね。