ハヤリズム -モノとコトのブログ-

普通の大学生がシンプルセンテンスに美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ。月間6万PV程 ガジェット・レビュー・旅行などを主に綴っています。

【徹底調査】国内線で一番安い比較サイトは?スカイ・シー格安航空券モールで予約・買う飛行機チケットは本当に安いのか? 使い方などを説明しつつ【PR】

f:id:mrinrin92:20181017235825j:plain
『旅行は常に安さとの勝負だ』

 

ツアーでも「とにかく安いものを!」と探す人は多いですが、最近ではLCCの台頭などによって、各々で飛行機のチケット・ホテルなどを手配する『個人ツアー』も増えているといいます。

そこで問題になってくるのは "いかに飛行機チケット代を安く出来るか" という事。『いくつもある比較サイトを比較して、その比較サイトでチケット代を比較して...』と、チケットを比較するだけでも疲れます。

しかし、サイト毎に多少の値段の違いがあったりするもので "一番安いチケットを買えるのはどのサイトなのか" 気になる所です。

 

そんな訳で、徹底的にどこのサイトが一番安いのかと言うのを調査していきたいと思います。

 

※時期によって料金は変わりますので、調査結果は参考程度にお考えください。

※今回は『スカイ・シー格安航空券モール様』の依頼を受けて記事を書いています。

 

 

 

 

スカイ・シー格安航空券モールとは?

f:id:mrinrin92:20181018001132j:plain

ANA・JAL・スカイマークやLCCなど全14社の航空会社を一括検索。国内線飛行機予約ならスカイ・シー格安航空券モール。

格安航空券モールは国内最大級の国内線販売サイトです。ANA・JAL・スカイマークやLCCなどの、人気の飛行機チケットを一括で比較・予約・購入ができます。フライト3時間前まで予約が出来るので、急な出張でも安心!簡単&スピーディに格安チケットを予約する事が可能です。

最安値をリアルタイムでチェックしながら、あっという間に購入できる24時間営業のオンラインチケットショップ!

格安航空券モール

 

正直な所、聞いたことのないサイトでした。

この手の比較サイトはたくさん存在し、実際のところ『Skyscanner』はじめとする有名比較サイトを使う人が殆どではないかと思います。そんな中で、国内線のみという点に目をつけた『スカイ・シー格安航空券モール』は、どうなんでしょうか。

 

スカイ・シー格安航空券モールの使い方

他のサイトと同様、チケット購入まで難しい事はありません。

指示通りに進んでいけばすぐに購入する事ができます。

f:id:mrinrin92:20181026101754p:plain

HPにある検索ボックスから『出発地・到着地・出発日』を選択

国内線だけという事だけあって、スカイスキャナーなどの全世界の空港を対象としているサイトと比べて、選択が簡単な印象がありました。

 

f:id:mrinrin92:20181026101743p:plain

選択結果一覧

検索すればすぐに結果が出てきます。
左のボックスから、各航空会社を選択できるので『LCC・ナショナルフラッグ』を選択できるので、好みに合わせて表示させる事が出来ます。

 

f:id:mrinrin92:20181026101824p:plain

幅広く『航空会社・時間』が選べ、たくさんの候補が出てくるので、好みのものを選択できるでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20181026101717p:plain

選択したら、基本情報を埋めていって、最後に支払いを済ませれば購入完了です。

 

詳細な内容については、こちらのページに書いてあるので気になる方は見てみてください。

当店のご利用案内 - 国内航空券 | 飛行機予約はスカイ・シー格安航空券モール

 

他の航空券比較サイトと比較してみた

以下のように、数多くの『航空券比較サイト・航空券販売サイト』が存在します。比較サイトにおいては、どのサイトも "格安・最安値" の文字が見られ、本当にそこのサイトが一番安いのかよく分かりません。

という事で、各サイトの最安値を比較していきましょう。

 

全ての行き先の値段を調べる無理なので、『12月19日 / 国内線・東京(成田・羽田)⇄札幌 / 那覇・受託手荷物などのオプション無し』の最安値を比較してみたいと思います。

 

スカイ・シー格安航空券モール

f:id:mrinrin92:20181026140141p:plain

¥5,030

この料金を基準に比べていきます。

 

skyscanner

f:id:mrinrin92:20181026140209p:plain

¥5,194

 

skyticket

f:id:mrinrin92:20181026140403p:plain

¥5,530

 

エアトリ

f:id:mrinrin92:20181026140544p:plain

¥5,030

 

トラベルコ

f:id:mrinrin92:20181026141050j:plain

¥5,520

 

LINEトラベル

f:id:mrinrin92:20181026141252j:plain

¥5,360

 

桜トラベル

f:id:mrinrin92:20181026141405p:plain

¥5,420

 

H.I.S.

f:id:mrinrin92:20181026141532p:plain

¥5,030

 

各航空会社HP

JAL・ANAなどのナショナルフラッグの航空会社では航空料金が当たり前ですが、高く出てしまうため、ここでは比較しません。格安航空会社LCCのみで比較していきたいと思います。

 

Jetstar

f:id:mrinrin92:20181026141704p:plain

¥4,390

 

Vanilla Air

f:id:mrinrin92:20181026141935p:plain

¥4,380

 

一覧表をまとめてみました。

-覧料金比較料-
比較サイト 料金

スカイ・シー

¥5,030

skyscanner

¥5,194

skyticket

¥5,530

エアトリ

¥5,030

トラベルコ

¥5,520

LINEトラベル

¥5,360

桜トラベル

¥5,420

Jetstar

¥4,390

Vanilla Air

¥4,380

『最高値: トラベルコ¥5,520・最安値: Vanilla Air¥4,380』 という結果になりました。

 

感じたメリット・デメリット

一番安い料金は "LCC航空会社のHP" でした。

最低価格保証などしているのに加え、比較サイトだと、直接販売できる航空会社HPと比べ、手数料がかかってしまう為、多少値段が高くなってしまうのは仕様が無いのかもしれません。

 

ですが、比較サイトで限定し、比べれば『スカイ・シーとエアトリ』の両者が一番安いという事が分かりました。

一括で航空券料金を調べられて、そのサイトで買えてしまうという手間が掛からないことを考えれば、納得の出来る料金差なのでは無いかと思います。

 

軽く感じたメリット・デメリットをまとめていきます。

 

メリット

・一括で多くの航空券を比較できるので分かりやすい。

・国内線に限られているので、国際線も取り扱っているサイトに比べて、入力が簡単にできる。

 

f:id:mrinrin92:20181028231742p:plain

やはりポイントは、国内線に限定されているということだと思います。

国際線も取り扱っているサイトだと、都市名か空港名を打ち込まなければいけません。一方で、スカイ・シーは国内線に限定していることで選択で選ぶことが出来ます。他にも、扱っているのは航空券のみで『ホテル、ツアー』などの余計な要素が無く、快適にチケット購入が出来ます。

 

微々たる差ですが『サイトでの検索ストレスフリー・格安価格』という点を合わせれば、国内線を多用する人にとっては、使うに値するのかも知れません。

 

デメリット

・比較サイト内では最安でありながらも、直営の航空会社HPの方が安いこともあるので、料金面で不安が残る。

 

『検索のタイミング、時期、セール』など様々な条件によって値段はサイトごとに変わるものですが ¥1,000ほども値段が変わってくると、人によっては航空会社HPで購入するという人もいるかも知れません。

サイト運営の手数料と考えれば妥当とは考えられますが、消費者にとっては「なるべく安く・一番安いところで」というのが正直なところでしょうから、とにかく一番安いところでチケットを買いたいという人にはオススメできないかも知れません。

 

 

 

まとめ

知名度はそこまで高くないながらも、航空券比較サイトとしては優秀だと思います。また、国内線に限られているので、サイトがシンプルで購入までが簡単というのも気に入りました。

正直なところ、僕は航空券はスカイスキャナーで購入していましたが、国内線に限れば今後はスカイ・シー格安航空券モールを使ってもいいかも知れないと感じました。

格安航空券モール