ハヤリズム

MARCH大生がシンプルな文章に美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ

【東京ぐらし】vol.5 新しくなった東京ぐらし。自動精算機のおじさん。今回の写真。

f:id:mrinrin92:20180912092941j:plain

これまで、不定期の東京で一人暮らしをしている中で感じたことを綴るエッセイとしてやって来た "東京ぐらし" ですが、今後は趣向の変更をします

 

これまで同様のエッセイに加えて、時事時々の要素を踏まえた気になったニュース、みて面白かった映画、読んだ本、最近撮った写真などを載せる、総合記事としてやっていって内容を深めることに

 

投稿頻度についても、現在未定ではありますが "月刊 東京ぐらし" くらいに出来たらいいなと画策中です。

 

今回は記念する1回目。

最初は、いつも使用する駐輪場で遭遇したことから

 

 

 

 

自動精算機のおじさん

f:id:mrinrin92:20180909225854j:plain

東京の駐輪場は不思議だ。

 

自転車はスタンドに立てかけるようになっており、自転車を出すときは駐輪代がかからなくても精算機で駐輪番号を打ち込まなければいけない。

田舎出身の僕からすると、最初にみたときは「東京スゲェー」と感服するとともに「どうやって使うのか」と恐怖も感じた。

 

東京に染まった今では、もう慣れたものだが、最初の「どうやって操作すればいいのか」と困った思い出は忘れていない。

 

 

この間、駅前のスーパーに夕食の食材を買いに行った際、買い物を終えいつもの地下駐輪場に行くと、なぜか列ができていた。

普通ではあり得ないことだが、よくみると60歳くらいのおじさんがどうやって出庫すればいいのか分からずに、後ろに列を作ってしまっている様だった。

 

やり方が分からず引くに引けずにずっと精算機と戦っているという構図だと思われた。

 

後ろには、遠くから見守る高校生らしき男子、買い物帰りの主婦と思われる女性、そして僕だ。

 

この時にふと思い出したのが、上京したての自分だった。

同じ様に、自動精算機の使い方が分からず、右往左往し、横目で精算の仕方を盗みみて操作方法を覚えた。

 

昔の自分と同じ境遇にある、おじさんに対して声をかけ、現金の投入の仕方、自分の駐輪番号を押して精算をする方法を教えてあげた。

「後ろに並んでるなら教えてあげれば良いのに」とも思ったが、そういう時に声をかけにくいという気持ちもわかるので、男子生徒と主婦を責めるのはやめておく。

 

これが東京の冷たさということの所以かもしれないと思った。地元だったら、おばさんが「こうやるんだよっ」って教えてくれるんだろうと妄想が膨らんでしまう。

 

特に何でもない日常の光景だが、何となく昔を思い出して、東京という街に新たな記憶が生まれた日だった。

 

気になった記事

レンズ沼脱出 レンズレンタルサイト

合同会社カメカリは8月24日、個人間でカメラやレンズなど撮影機材のレンタル・売買ができるシェアリングプラットフォーム「カメカリ」をリリースした。

初心者向けてのエントリーモデルからプロ向けのハイエンドモデルまで幅広く取り扱うため、機材購入の泥沼にはまることを防げる機会となるかもしれない。現在はレンタル機能を先行して実施中。

本プラットフォームは、機材の購入に際限なく費用がかかることの多いカメラの問題を、個人間の貸し借りによって解決するというもの。カメラのボディやレンズを買い揃えているが、ときどき使う程度であったり、しばらく使っていない人であったりしても、オーナーになることで、貸出料金を得ることができる。

反対に、カメラを使いたいが購入するほどの予算が付かないという人でも、ユーザーとしてレンタルすることでハイスペックな撮影機材を使用することができる。購入前の使用感を確かめるためにレンタルを活用することもできそうだ。

 個人的にカメラを趣味として齧っているので、この記事には食い付いた。

 

カメラ好きの悩みといえば "レンズが高いこと・レンズ沼にハマること" この2つだと思います。

今までにもレンズレンタルはありましたが、企業がレンタルしているのでレンタル費が高いというのが悩みでした。

 

しかし、この新しいサイトでは "個人間の貸し出し" ということで、値段設定も個人でできるので安価でのレンタルが期待できそうです。

また、自分も使っていないレンズを貸し出して、お小遣い稼ぎもできちゃうという一石二鳥。

 

買ったけど、あまり使っていないレンズを持つ人にはぴったりのサービスかと思います。

 

問題としては、貸して壊された時などの保証の問題くらいかと。

 

内向的な人と外向的な人の違い

この手の記事は、周期的に出てくるので何度か読んだこともあるんですが、この記事では絵でまとめられていてとても共感できたので取り上げてみました。

 

僕は間違いなく内向的な人間なので、最初にこの絵をみたとき「わかるわ〜」って言いたくなるくらい共感できました。

内向的・外向的どっちがいいというわけではないですが、外向的な人の特徴をみて、小学校の時くらいから感じ始めていた「こりゃ仲良くなれないわ」っていうのを、再認識させられました。

 

多くの人が内向的か外向的に分かれると思うので共感もしやすいかと思います。

リンク貼っておきますので、全ての絵をみたい人をぜひ元記事を読んでみてください。

f:id:mrinrin92:20180912212907j:plain

 

 

お気に入り映画

f:id:mrinrin92:20180909233126j:plain

8月は少なめで8本の映画を観ました。

その中でも特に面白かったのが "gifted ギフテッド" 

フロリダの海辺の街で、ボートの修理をして生計を立てている独り身のフランク。彼は、天才数学者だったが志半ばで自殺してしまった姉の一人娘、メアリーを養っている。彼女は、先天的な数学の天才児“ギフテッド”であり、周りは特別な教育を受けることを勧めるが、フランクは「メアリーを普通に育てる」という姉との約束を守っていた。しかし、天才児にはそれ相応の教育を望むフランクの母イブリンが現れ、フランクとメアリーの仲を裂く親権問題にまで発展していく——。

 

500日のサマーの監督ということで、正直500日のサマーをそこまで面白いと感じなかったので、期待してなかったんですが、いい意味で期待を裏切られました。

 

テンプレと言われればそんな内容ではありますが、物語に自然と集中させられ、観入ってしまうような映画でした。

女の子のメアリーちゃん(マッケンナ・グレイス)がすごく可愛いらしいということも集中させられる理由かも知れません。

 

一見の価値ありです。

 

評価: ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 5.0

 

今回の写真

f:id:mrinrin92:20180909231535j:plain

自然外人工建造物

行きつけの美容院があるので、吉祥寺には月に1回は訪れています。

それにもかかわらず、井の頭公園に行ったことがありませんでした。でも、この間少し暇な時間があったので、ついに立ち寄ってみることに。

 

綺麗に整備された公園という感じで、蚊が多いことを除いて、とても気に入りました。

 

都心の公園ということで、人は多く、すぐそばには巨大なマンションが建っていてとても不思議な気分に。

 

しかし、それを含めてもとても気に入って、今度また通ってみたいと思った、そんな写真。

 

 

 

まとめ

初回号はこんな感じでいかがでしょうか。

まだ型が決まっていないので、今後も改善しつつ "東京ぐらし" を続けていきたいと思うので、次回もお楽しみに。