ハヤリズム

MARCH大生がシンプルな文章に美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ

【iPad】ある事でGoodNotes4からNoteshelf2に移行したい理由

rewrite: 2018/09/20

f:id:mrinrin92:20180812230017j:plain

最近ではAppleが教育に重点を置き、教育用に廉価版iPadを販売し普及させようとしていることや、デジタル化の流れで、授業ノートや書類をiPadで管理していると言う人も増えてきたのではないだろうか。

 

実際に、僕も多用している一人で、大学の多くの授業はiPad一つで受けている。

とても便利で良いことはたくさんあるのだが、その便利さを享受するためには優秀なアプリを欠かすことは出来ない。

 

という訳で、デジタルノートをとる為には、ノートアプリというものが必須になってくる。

その代表的なものが "GoodNotes4" と "Noteshelf2" になる。

 

今までは、その一つであるGoodNotes4をずっと使っていたのだが、最近Noteshelf2の "優れた" 機能を使うために、移行しようかと迷っている。

 

自分の頭の整理をする意味でも、GoodNotes4には無いNoteshelt2の優れた点を改めて書き出して見ようと思う。

  

 

 

 

デザインがポップで心地良い

f:id:mrinrin92:20180817220625p:plain

            ↑Noteshelf2      ↓GoodNotes4

f:id:mrinrin92:20180817224850p:plain

特にGoodNotes4のヘッダーのツール一覧部分をみて欲しいのだが、Noteshelf2に比べて、良く言えばシンプルなのだが、単調な色で長く使っていると 色を変更 したくなる。

 

アプリを使っている間もずっと見えている部分になるので、気になってしまう。

 

 

一方、Noteshelf2は最近のトレンドである軽やかな色遣いのデザインで、使っていて心地よく感じそう。

また、ペンや文字のアイコンもポップでとても僕好みである。

 

 

一部にはオーソドックスなデザインの方が好きと言う人もいるかもしれないので、特に批判などはしないが、個人的にはポップなデザインの方が、明るく好みである。

 

f:id:mrinrin92:20180817222242j:plain

ノートブックを整理しておくシェルフにおいても、GoodNotes4が単調なのに比べ、Noteshelf2は随分とカラフルだ。 

 

好みの問題なので優劣はつけることは出来ないが、個人的にはポップなNoteShelf2の方が好きだ。

 

鉛筆が使える

使って行く上で大切な機能の一つである。

 

GoodNotes4では、万年筆とボールペンを使う事ができる。

最初は気にすることもなかったのだが、使って行くうちに、あまり万年筆とボールペンだと書き味に変化がない点や、鉛筆に比べると文字がきつい感じがしてしまう。

 

Apple純正のメモアプリなども使ってもらえれば分かると思うが、鉛筆の場合だと、柔らかい感じがするし、ApplePencilを使えば濃淡もつけることができる。これによって、より紙のノートの使い心地に近づけると思っている。

そのうちアップデートが来て、ペンの種類も増えて行くんだろうと思っていたが、使い始めて数年たっても未だにGoodNotes4は万年筆とボールペンの2択しかない。

 

 

一方、NoteShelf2の場合、万年筆ボールペンが使えることはもちろんのこと、鉛筆に加えて、クレヨンなんかも使える。

使うかどうかは置いておいても、ペンの選択肢が多い事でノートでの書き方、表現方法が増えるというのは魅力だろう。

 

バックアップにEvernoteが使える

GoodNotes4でもバックアップはもちろん使える。

しかし Dropbox なのでEvernoteのプレミア会員の僕はノートの保存のために、Dropboxにバックアップしたものを更に Evernote に写すという作業が必要になってくる。

 

NoteShelf2では、EvernoteだけでなくDropboxも使えるし、こちらもペン同様選択肢が多い。

個人によって使っているクラウドサービスは違うだろうから、比較して多くの種類のサービスを扱っているNoteSheft2に軍配があがる。

 

他の点でGoodNotes4と特に代わりのあるところがない

AppleWatchに対応しているなど、微々たる差はあるが、一般的によく使われる機能としては、上記で挙げた他に大きな違いは無い。

 

大きな違いは値段くらいだが 200円くらい しか変わらないので、今後長い間使って行くことを考えれば誤差に過ぎないと思う。

 

となると、数百円高くても、選択肢の多いNoteShelf2の方を選ぶというのはごく当然になってくるんでは無いだろうか。

GoodNotes 4

GoodNotes 4

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥960
Noteshelf 2

Noteshelf 2

  • Fluid Touch Pte. Ltd.
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

 

 

 

まとめ

ざっくりまとめたが、実際Noteshelf2のアプリを持っていないため「比べてこうだった」と言うような詳細な説明が出来ない。

アクセスが多ければ実際に購入して使ってみて、追記で改めて詳しく書いていこうと思う。

 

ノートアプリは、長く使っていくもので慣れるのにも時間がかかるので、より良いアプリを使いたいとは思うが、どちらも¥1,000近くするので、使い比べてということはなるべくしたく無い。

 

前にNoteshelf1を使っていたことがあるので「Noteshelf2へのアップグレード¥300とかがあれば最高なのになぁ」と思うばかりだ。