ハヤリズム

MARCH大生がシンプルな文章に美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ

【時事時々 vol.1】消費税の次は出国税。田舎 人気加熱。旅行で16万円を稼ぐ。

“時事時々"は、面白かったり、気になった記事を独断と偏見でチョイスし不定期で紹介し、個人的な意見を述べるコーナー。

 

記念すべき1回目は、以下の記事をチョイスしてみた。

 

※記事は読みやすくするため多少の変更を加えています。

 

 

2019年から、1人1000円徴収の出国税スタート

f:id:mrinrin92:20180817194842j:plain

2019年からは、海外旅行の出費がさらにかさむことになるかもしれません。それは、「出国税」(国際観光旅客税)の徴収がスタートするからです。2019年1月7日以降に飛行機や船舶で日本から出国する際には、1人1回1000円を出国税として払う必要があります。この税を導入する目的は、日本がいっそうの観光先進国を目指し、旅行環境の整備や強化を図る財源とするため。税収の使い道は
①ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備
②日本の多様な魅力に関する情報の入手の容易化
③地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等
この3つの分野に活用するとされています。具体的なイメージとしては、例えば最新技術を利用した出入国審査のスピード化などが上がっています。税は飛行機などのチケット代に上乗せされる出国税を納める方法は、旅行などに利用する船舶会社・航空会社が各チケット代金に1000円の出国税分を上乗せし、その会社が納税するという仕組みになっています。つまり、旅のコストが一人につき1000円アップすることになるわけです。
1000円の出国税が既に決まっており、もう来年の2019から始まるという。
僕は、今年だけで既に4回海外に行っており、出国する頻度はそれなりに高い。
もちろんもっと多い人は沢山いて、ビジネスマンなどであれば、年数十回海外に行く人も多くいるだろう。

その税金によって、快適に空港を利用できるようになる為に、税金1000円だけならそこまでの負担にはならないので構わない。
しかし、実際は違うわけだ。
ちょっと海外に行こうとすれば、成田まで往復3000円、空港使用料2090円、旅客保安サービス料520円 最低6000円かかる。
もちろんこれに、飛行機のチケット代もかかる。今までだって、ものすごく高いにも関わらず、出国税プラス1000円で最低7000円かかることになる。
 
それでも空港を便利に利用できるなら目を瞑ることもできるが、
成田の場合は
"非常に遠く交通費も高い、滑走路は常に混んでいて時刻通りの出発は稀、海外の空港に比べて古臭く老朽化が否めない"
など、残念な点が多くある。税金によってこれを改善出来れば良いが、そうはならないだろう。
これによって、更に海外が遠ざかって行くように感じてならない。

 

人気加熱の田舎の魅力

f:id:mrinrin92:20180816002629j:plain

f:id:mrinrin92:20180817192456p:plain

「一人でのんびりしたい」「田舎でゆっくりしたい」「自然豊かな場所が好き」といった理由で、田舎が若い女性から人気を集めているという。

 

「田舎に魅力を感じますか」を聞いたところ、20代女性の70.4%が「はい」と回答。

 つい最近、帰省先の田舎から帰ってきたばかり、という事もあって、この記事に目がいった。

 

都会に住んでいると自然溢れる田舎というのに憧れてしまうものなのか。

一方、田舎に住んでいる人は、お店やビルが沢山あって、人が溢れる都会に憧れる。

隣の芝は青く見えるというのはよく出来たことわざだと、最近常々感じる。

 

解決のためには一刻も早く、どこでもドアの開発が必要だ。

 

 

 

旅行で稼ぐ。

f:id:mrinrin92:20180817194909j:plain

旅を仕事に。

今、そんなサービスが注目を集めている。

 

東京・渋谷にある「SAGOJO」。

ここが運営するのは、旅人求人サイト。

 

SAGOJOのサイトを見てみると、旅先の動画を4Kで撮影して、採用されれば2,000円といったものや、台湾で10カ所くらいのスポットの写真を撮り、レビューを書けば16万円など、どれも手軽にできそうなものばかり。

 

新社長は、「SAGOJOは、旅人と企業をマッチングするようなサイトで、企業の方で言うと、新しい人を採用して、そして現地に行ってもらうっていうコストを割くのではなくて、その土地にいる人とか、その土地に行きたい人たちをタイムリーに起用することができるという意味で、企業と旅人、双方にWin-Winになるような仕組みなのかなと思ってます。もっともっと旅することっていうのが、社会の役に立つ、世の中に貢献する、そういうことを証明して、受け入れられる社会になれば」と語った。

 近年では、クラウドファンディングが盛んになってきて、旅行に関係のクラウドファンディングなども沢山ある。

 

一般的なクラウドファンディングは、どちらかと言うと寄付をする様な形で、未発売の商品に関してのものだったら、それをくれるなど多少のリターンはあるが、

旅に関してのものだと、"直筆の手紙・旅先で撮った写真"など、どちらかというとあまりいらない物だったりする。

 

その中で、"乞食"と言われてしまう様な旅行に関してのクラウドファンディングも見受けられる様になってきた。

旅行にはお金が掛かってしまうので、お金のない学生などが、それをしてしまう気持ちは分からなくはないのだが、その人たちに対して乞食と言いたくなる気持ちもわかる。

 

そんな中で、このサービスは一線を画し、どちらかと言うと"仕事"の様なものなので、旅のついでにお小遣いになるかも知れないと言う気持ちで参加することが出来る。

僕も、基本貧乏旅行でそこまでお金に余裕がある人間でも無いので、機会があれば一度くらいは利用してみたいと思っている。

 

この様なサービスは、あまり長く続かずに終わってしまうということがよく見られるので、1年後も安定して続けているのかというところにも注目したい。