ハヤリズム -モノとコトのブログ-

普通の大学生がシンプルセンテンスに美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ。月間6万PV程 ガジェット・レビュー・旅行などを主に綴っています。

絶妙に良い スーツ・キャリーケース用 3つの便利グッズレビュー

最近、移動する機会が増えてきた。

帰省や国内旅行、海外旅行などたくさんキャリーケースを引きずって移動しているのだが、その際に、ちょっとした不満がある。

 

全然我慢できてしまうくらいの不満ではあるのだが、今後もずっと同じ不満を抱き続けるのことを考えれば、多少のお金を払ってでも、解消した方が良いのではないかと思い、今回便利グッズを3点購入してみたのでレビューする。

 

 

Easy Hang!

f:id:mrinrin92:20180812233459j:plain

1つ目が、"Easy Hang!" という商品だ。

 

用途はとても簡単で、キャリーケースのハンドル部分にこの商品を付けることで、お土産の袋などをかける事ができるというもの。

 

これを初めて見たときは、少し衝撃的だった。

というのも、自分の深層心理の中で確かに不満に思っていた事が、この商品を見ることによって、「確かにこれまで、レジ袋などを掛けられずに不便だった」と思ったからだ。

 

毎回移動の時に、多少の待ち時間が発生するので、その間にコンビニで食料を買って、電車なども待っている間に、それを食べる。

その時に、大抵バックパックを背負い、キャリーバックということで買ったものは手に持っているしかなかったのだが、とても邪魔だった。

 

だが、今回これを購入したことによって、それが解消されて、邪魔にならずにコンビニのレジ袋なりお土産なりを持ち運ぶ事ができるようになった。

 

使い方

f:id:mrinrin92:20180812233533j:plain

素材はシリコンゴムになっていて、プラスチックなどではないので、壊れる心配なども少ない。

また、溝が入っているので、ストッパーの役割を果たし、袋の取っ手部分が滑り落ちるのを防いでくれる。

 

f:id:mrinrin92:20180812233549j:plain

接着方法は、強力な接着テープなので基本的にどんなキャリーケースのハンドルにも対応できるだろう。

使っている途中で剥がれないか心配ではあったが、これまで使ってきてそのようなことはまだ起きていない。

 

しかし、海外旅行のとき、空港でキャリーケースが雑に投げられたりするので、その際に不意にどこかとぶつかってしまい剥がれてしまうのではないかという不安はある。

近いうちに、海外に行く予定があるので、その際に確かめてみようと思う。

 

f:id:mrinrin92:20180812233606j:plain

 

バッグとめるベルト

f:id:mrinrin92:20180812233649j:plain

2つ目は "バッグとめるベルト" だ。

 

この商品に関しては、これまでずっと不便に感じて来たものを解消するためについに買ったとも言える商品になる。

 

旅行の際にパンパンにして、背負うバックパック。

僕の場合は、カメラがたくさん入っているのだが、だいたい5~7kgほどの重量になる。 

 

背負って行く事が無理ではないのだが、なるべくなら背負わずに行きたい。

また、キャリーケースがあるのならば、その上に乗せてしまえば、背負わずに移動できるので楽なのではないか、と考えるのは必然であろう。

 

それを実現するために、これまでに色々と試行錯誤して来たが、完成形としてついにこの商品を買ってみた。

 

使い方

 

f:id:mrinrin92:20180812233705j:plain

これも使い方に関しては難しいことはない。

1. 商品本体の片側の環状ゴムをスーツケースのスライドハンドルか持ち手に通す。

2. 装着する手荷物をスーツケースの上に乗せ、商品本体のもう片側の環状ゴムをスライドハンドルに通し、手荷物を固定する。

3. ベルトの長さを調節し、手荷物がずれたり落ちたりしないようにしっかりと固定させる。

 

f:id:mrinrin92:20180812233427j:plain

実際にやってみるとこのようになった。

しかし、使ってみてわかった誤算があったので、今後の使用頻度はあまりないと思う。

 

誤算

ハンドルが、外側に角度をつけた状態で曲がってしまい、上に重いものを乗せた場合、壊れてしまう可能性がある。

 

 

これは、僕の使っているキャリーケースの問題であって、他のものには関係ないかもしれないので、自身が使っているものが大丈夫かどうか確認してから購入することをお勧めする。

 

Lightning to SD Card Camera Reader

f:id:mrinrin92:20180813234503j:plain
最後はカメラ関連商品だ

 

僕の場合、旅行に行く際はほぼ間違いなくカメラを持って行く。 

 

そして、撮った写真を旅先で編集するためにパソコンを持って行かなくてはいけないのだが、ノートパソコンでも、1.5kg程あって結構重い。

更に、専用の充電器なども持って行かないといけなくなるので、トータルでは2kg程になる。

 

同時に、僕は映画やインターネットサーフィンをするためにiPadも必ず持って行く。

iPadでも十分に写真を編集できるスペックはあって、アプリも豊富にあり、充電器も他のスマートフォンなどと同じケーブルで対応できるので、ノートパソコンを持ち運ばなくてよくなれば、かなりの軽量化が計れるのではないか、という計画だ。

 

普通にカメラからWiFiなどで、画像を送ることもできるのでそれでも良いのだが、僕の場合RAW形式で写真を撮っているので、その場合だと写真1枚の容量が大きく、WiFiでは送れなく、しょうがなくPCで編集ということになっていた。

 

しかし、このリーダーを使えば、RAWでも読み取れるということで購入に至った。

f:id:mrinrin92:20180814163835j:plain

結果としては、非常に簡単に読み取る事ができ、RAWも編集できた。

これまでのWiFiで送るよりも簡単で、早いので今後もこれを使っていこうと思う。

 

たった¥1,500くらいをケチっていた自分がもったいなく感じた。

 

とは言っても、1泊2日程の旅行であれば、iPadのみでいけるが、それ以上となると、PCは必須なので、併用という形になるだろう。

 

 

 

まとめ

今回の商品の合計は¥2,700くらいだった。

そこまで、高くもなく利便性が上がるので、もっと早めに買えばよかったというのが正直なところではある。

 

何と言っても、便利に移動できると、自分のモチベーションが上がるので今後も、便利グッズを探していきたいと思う。