ハヤリズム -モノとコトのブログ-

普通の大学生がシンプルセンテンスに美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ。月間10万PV程 ガジェット・レビュー・旅行などを主に綴っています。

【ひとり旅】桃園空港では絶対... 0泊2日 3万円での弾丸日帰り台湾旅行記

f:id:mrinrin92:20180809001542j:plain

先日、台湾に行ってきた。
 
というのも、今年の夏に東南アジア一周をしようとして、その練習も兼ねて、一人海外に行こうと思ったからだ。
 
日本から近いということ、食べ物が美味しい、日本語の表記が多いなどの理由で初心者向け海外として人気な台湾を選んだ。
 
 
出費を抑えるために、空港泊での弾丸旅行であったり、初めての一人海外ということで色々とこれまでの旅行とは、また違う感じがあったが、その記録として旅行記を書いてみようと思う。
 
 
 
 

1日目

深夜の羽田空港

羽田は近くて成田は遠いとよく言われるけど、想像していたよりも羽田も結構時間かかるし、多摩に住んでる限り空港というものは遠いんだと実感した。
 

f:id:mrinrin92:20180809001612j:plain

あとで他の空港と比較した時に気付いた事だが、羽田空港国際線ターミナルは綺麗なのに加えて、至る所にベンチがあって、人も少ないのでそこで横になって寝やすいというのがすごく良かった。
また、日本ということもあって、あまり荷物を盗まれる心配も無い。
 
とは言っても、熟睡はできず、飛行機に乗った瞬間寝てしまった。
 

桃園空港での入国審査

今回はTiger Airを使って台北へ行った。
 
もちろん安かったからという理由だが、その訳は朝の5時出発ということで、もちろん始発では間に合わない。
だから、安くて、だから羽田で泊まった訳です。
 
 
割と3時間くらいで台湾に着いた。
八王子の家から空港まで2、3時間かかるので、飛行機と比べるのもどうかとは思うが、どうにかなんないもんかと、毎回なんとも言えない気分になる。
 
空港についてまず、入国に1時間くらいかかった。
朝一の便だと、入国管理官が少ないのか知らないが、ものすごく並んだ。
 
しかし、隣の自動ICレーンは、一人も人がおらず、たまに現れるそれを使う人はすぐに"スッー"っと通っていった。
 
それ使えばいいのかもしれないけど、あんま使い方わからないし、入国のスタンプが欲しいから、人の方に並んでしまう。
 
今度は、自動レーンを使ってみたい。
 

台北市内

f:id:mrinrin92:20180809001641j:plain

空港からはMRTで市内に向かった。
 
場所が分かりにくくて大いに迷った。
地下に行って、人通りの少ない道をずっと行くと改札がある、というような感じでとても不安だった。
 
更にネットで台湾の電車は安くて数十円程度と聞いていたのに、空港から市内は160ドル(600円くらい)で5000円しか換金してなかった為に、結構なくなった。
 
空港から市内の路線が特別に高くて、他のところでは大体¥150くらいだった。
 

台湾でのスタバ

f:id:mrinrin92:20180809213200j:plain

市内に行ってからは、とりあえずスタバに行った。
 
海外に行くと、スタバに行ってしまう癖がある。
というのも、日本だと高く感じてしまうスタバも、海外ならば何故かそこまで高く感じない。
更に、知っている店という事で安心できるし、日本とは違うメニューも楽しめる。
 
 
現地化というグローバル企業の凄さを知った。
 

f:id:mrinrin92:20180809213224j:plain

実際、台湾についても、行くところだけを決めたなんとなくのゆったり計画を組んでいたので、そこで映画を一本観て、その後に近くにあった台湾総督府と中正紀念堂に行った。
(映画 フローズンタイムは微妙だった)
 
 

f:id:mrinrin92:20180811014832j:plain

店員さんが"Welcome to Taiwan"って書いてくれました。

一瞬で台湾のこと好きになっちゃいました。

 

台湾総督府・中正紀念堂・台北101

f:id:mrinrin92:20180809213258j:plain

とりあえず、近くにあった台湾総督府に行って時間を潰そうと思ってたけど、台湾総督府には入れないらしくて、焦った。
(ちゃんと、入り口に行けば入場できるらしいけど、それを知らなかった)
 
台湾に日本の統治時代があって、教科書で見た総督府に行って、日本人としてその歴史に浸ってみようかな...
と思っていたが、頓挫。
 
これによって、1時間くらいすっぽりと空きができてしまった。
 
 
しょうが無いので、そのあとは、また近くにあった中正紀念堂というところに行った。
台北での鉄板観光地メニューになってしまった。
 
しかし、全然知らなかった分、その大きさに驚いた。
入り口の大きな門に加えて、その奥に広がる広大な広場にびっくりした。

f:id:mrinrin92:20180809213344j:plain

f:id:mrinrin92:20180809213413j:plain

奥にある大きな堂の中には、巨大な蒋介石の像が鎮座していた。
なんとなく、神聖なのかなぁと思って写真は撮らなかったけれど、日本でいう鎌倉の大仏くらいの感じなのだろうか。
 

f:id:mrinrin92:20180809213433j:plain 

 
次に台北101に行こうと思ったが、歩き疲れたのでマクドナルドに行った。
 
これも、さっきのスタバと同じ理由から毎回行ってしまう。
しかし、メニューは日本と大して変わらなかったし、店構えなんかも日本と大差なかった。
 
 
 
結構時間を潰したが、それでも、かなり時間が余るから台北101まで歩いて行った。
 
電車で行けばすぐなんだけれども、お金があまり残っていなかったので、歩くことになった。

f:id:mrinrin92:20180809214259j:plain

そこでみつけた、台湾の裏道。
日本にはないであろう景色で、こういう海外の街角の写真を撮るのが個人的に大好きだ。
 
 
地図で見れば、割とすぐそこなんだけれども、歩くと結構あって1時間くらいは歩いたような気がする。
 
涼しかったからいいものの、夏の暑い日などは絶対にやらない方が良い。
 
 
台北101も段々と大きく見えてきて、もうすぐという所で、また観光地のような所を見つけた。
ここには公園があった。
 
 
何故か海外の公園だと、とても気が落ち着いて、ずっとそこに座っていたくなる。
ここで、現地の人の生活を見たりするのが好きだ。
 

f:id:mrinrin92:20180811015516j:plain

國立國父紀念館という場所で、入館無料で台湾の歴史や蒋介石についての展示品がたくさんあった。
また、現地の人の広場のようになっていて、ダンスの練習をする高校生くらいの子供たちや、家族揃って遊んでいたりして、リアルな生活を見ることが出来たので、そういう意味では一番良かったかも知れない。
 
個人的には中正紀念堂よりもオススメしたい。
 
 
近くで見る台北101はとても大きかった。

f:id:mrinrin92:20180809214352j:plain

しかし、そこにはブランドショップなどが沢山あり、残り¥1,000くらいしか無かった僕にはどうすることもできず、すぐに出て、電車に乗って夜市に行った。
 

士林夜市

f:id:mrinrin92:20180809214412j:plain

とにかくめちゃくちゃ楽しかった。
 
結構広く、たくさんのお店が所狭しと並んでいた。
 
大体の値段が日本よりもだいぶ安いにも関わらず、食べ物も美味しくて、台北に行くなら是非寄って欲しい。
 

f:id:mrinrin92:20180809214434j:plain

以前台湾に行った友達から勧められた"胡椒餅"というのがものすごく美味しかった。
3個くらい食べておけば良かったと、ものすごく後悔している。
 
他にも、すごく安くて美味しいものが沢山売っていた。
他のやつも食べて見たかったけど、お金がなくて買えなかったから、本当にまた行きたいと思っている。
 

2日目

それから桃園国際空港に帰って、9時間待機で二日連続の空港泊だったので寝ようと思ったのだけれど、あまりに寒すぎて全然寝られなかった。
 
体感温度では18度くらいだったように感じる。
暑い国だから、冷房は強めなんだろうか?
 
寒すぎて外で寝ようかと思ったが、外は外で蒸し蒸しして気持ち悪いので、中に行って、でも寒くて...
というのをずっと繰り返していた。
 
本当に、夏だとしても1枚上着かブランケットを持って行くことをお勧めする。
 
 
結局ただでさえ眠かった上に、一睡もできなかったので、帰りの飛行機は席について目を閉じたら日本についていた。
 
そんな風に僕の初めての一人旅・台湾旅行は終わった。