ハヤリズム

MARCH大生がシンプルな文章に美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ

勉強を管理! 大学生がやる気維持にStudyplusを使い続けるその理由!!

f:id:mrinrin92:20180731223837j:plain

高校の時に、このアプリには出会った。

 

人間って、テストであったり、提出期限であったりと、制限がないとなかなかやらなければいけないことに取り組まなかったりする。

 

僕も、典型的なそんな人間で、英語では "Procrastinate: ぐずぐず先延ばしにする" という単語すらあり、世界中どこにでもいる模様。

 

 

そろそろ本格的に受験勉強をしないといけないという時期に、「目安として勉強時間を図りたい」と思って、ダウンロードしたのが、Studyplusという、受験生御用達のアプリで、卒業と同時にこのアプリからもしばらく卒業していたんだけれども、結構周りに大学生になっても使っている人も多くて、改めて、高校生の時とはまた違った、このアプリの使い方を考えてみました。

Studyplus

Studyplus

  • Studyplus Inc.
  • 教育
  • 無料

 

 

 

 

学ぶ事の大切さに気づいたこの頃

f:id:mrinrin92:20180731230821j:plain

予備校を卒業してからは、勉強から解放され、大学生というものを謳歌していた。

特に勉強などはせずに、テストも1週間くらい前から始めればなんとかなるもので、それに気付くと、ますます授業以外での勉強なんてしなくなっていった。

 

けれども、最近では遠くに見え始めてきた就職のために、資格の勉強やTOEICの勉強をしたいと思い始めてきた。

やっぱり、人間にとって学習するというのは、自分の能力を伸ばすことに直結して、それは将来必ず自分に返ってくる。

 

高校、予備校の好きだった先生に聞いてみる度に、大学でやれば良かったと後悔している事が、"読書・旅・勉強"だった。 

基本的に、先人が言うことは間違い無いと思っているので、後悔しないべく、読書と旅に関しては現在進行形でやっている。

 

 

だけれども、あまり好きでもない事の勉強をするというのは、僕にとってはちょっと気の重くなる作業。

 

そこで、昔使っていた"Studyplus"に目を付けてみた。

 

時間を測ると自分に良いプレッシャーがかかる

これまでは、「最近勉強してないし、そろそろやろうかな」くらいの気持ちでの勉強だった。

でも、これだとやらなくても何も感じないし、結局やらなくなってしまった。

 

そこで、勉強の時間を測るというのは効果覿面だった。

 

f:id:mrinrin92:20180731225007j:plain

これが、僕の直近の勉強時間で、テストが近かった事もあって、7月は急激に増えている。

それ以外の月も、記録をつけ忘れることもあったので、少ないながらもコンスタントにやってはいる。 

 

これを、再開するまでは、何時間やったかなんて勿論わからないし、勉強に対してなんのモチベーションも無かった。

 

でも、勉強時間を記録すれば、「今週は10時間はやろう」とか、自分に枷をかけることで、"勉強しなきゃ"という気分になることができた。

 

そんな事をしないで出来るようになれば一番良いんだろうけど、僕はそこまで良く出来ていない。

 

目標を明確に文字にして「見える化」する

f:id:mrinrin92:20180731231210j:plain

最近では、1週間の学習目標時間をつけたり、テストまでのカウントダウンをつけたりも出来るようになった。

 

日に日に迫り来る、テストまでの日数を毎日、目にすれば、自然と勉強しなくちゃというモチベーションにもなる。

f:id:mrinrin92:20180731231500p:plain

それ以外にも、コミュニケーション機能とかもあって、友達とかの勉強記録を見れるのは、一人で勉強するんじゃなくて、「ちゃんとやってるから僕もやらないと」みたいに、競い合えるので個人的にとても重宝している機能だ。

 

 

 

まとめ

勉強だけでなく、いろんなものに記録をつけるというのは、後で見返したときに反省出来たりすることができるので、とても大切なことだと思う。

 

単純に時間だけではなく、質も大切なんだけれども、とりあえず、ということで時間を目安にするのは簡単で誰にでもやりやすいんじゃないかと思う。

 

大学のような自由な生活になってきて、ひしひしと感じるのは枷がなければ、ダメな人はとことんダメになるということだった。

授業をサボっても、何も言われないし、勉強をしなくても単位はなんとかなったりする。でも、僕は自分という人間がどんどんダメになっていくのに、嫌気がさすという点でまだ腐っていなかったかもしれない。

 

セルフマネジメントをしっかりして、自分にプレッシャーを掛け続けることができれば、大学生活はとても有意義なものになると思っている。