ハヤリズム

MARCH大生がシンプルな文章に美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ

【東京ぐらし】Part3 世の中バカばっかり

チームワーク

f:id:mrinrin92:20180704223628p:plain

大学も2年生になって、何かとチームで作業することが増えてきた。

例えば、サークルだったり、ゼミでの活動だったり

 

自分はどちらかといえば、中心にいる方で、チームをまとめたり、意見を言ったりするリーダー気質を持ってる。

そこに、他のチームのメンバーが色々手伝ってくれたり、意見を言ったりしてくれると、すごく良いチームワークになって、結果としても最高のものが出来上がってくる。

 

が、まずそんなに上手くいったことがない。

 

歯車が!!あわない...

去年のゼミでは、4人グループでプレゼンを作ると言うことで、しっかりと僕が"君はあれをやって、君はあれを..."と言う風に、確実にこなせる仕事を割り振って、2週間後の完成を目指したが、2人がポンコツだった。

おかげで、残った2人でやり切った。

 

おかげで、その1人とは仲良くなったが、これだけでは終わらない。

 

 

去年の授業で、実際に大企業の会社の方が学校にきて、与えられた課題をコストや需要などを考えてプレゼンにまとめると言う、社会で行われていることを大学生がやってみよう。みたいな授業があった。

 

こう言う時こそ、チームワークが必須だ!!

チームは"7人"

最初は、「各自1週間考えて、来週の授業でその考えを出し合おう」と提案した。

 

1週間後、しっかり考えてきたのは僕だけだった...

 

僕が優秀なのか?

僕が、しっかりできるとか、優秀だとか言いたい訳ではない。

 

社会に出て、落ちるべき人が、ふるいにかけられていないと言うこともあるかもしれないけど、何もできないバカが多すぎる気がする。

 

勉強ができないと言うことじゃなくて、やるべきことが出来てない人をバカと言いたい。

 

僕は、自分がやるべきことを期限までにやっているだけで、これは間違いなく誰でも出来ることだ。

大学生なんてそんなもんと言えば、そうかも知れないけど、しっかりやっている方からするとウンザリする...

 

しかも、そういう人程、無駄に声がでかく、文句ばっかり言って来るのに、その内容がすでに説明したことだったりする。

だから、また僕が、「それは...」と説明することになる。

 

 

 

まとめ

解決策とかはないと思っている。

 

ダメな人は社会に出れば、落ちて行くだろうし、ちゃんと出来る人は伸びて行く。

それが社会の怖いとこでもあり、良いところだと思う。

 

僕が望むのは、ただただちゃんと出来る人とチームを組みたいってこと。