ハヤリズム -モノとコトのブログ-

普通の大学生がシンプルセンテンスに美しい写真を添えて綴る雑記系ブログ。月間10万PV程 ガジェット・レビュー・旅行などを主に綴っています。

自然光での目覚めも。IoT カーテン開け閉め自動化機械『ロビット(Robit) めざましカーテン mornin' MN-C01』レビュー

f:id:mrinrin92:20181213000440j:plain

『時代は第四次産業革命、それ即ちカーテンも自動で開ける時代』

 

僕が『機械好き・珍しいモノ好き』と言うこともあり、部屋の中IoT化(※1)が進んでいます。『テレビ・エアコン・照明・掃除機』など、AIスピーカーを通して操作できる環境が出来上がっているのですが、その中で取り残されていたのが "カーテン" でした。

「カーテンくらい自分で閉めろよ」と思うかもしれませんが『毎日の開け閉めって少し面倒』、これが無くなったら間違いなく "楽" になり、朝早いうちに自動で開くことで、自然光によって気持ち良く目覚められると言う利点もあります。

 

という訳で、全てのカーテンを自動化できる『ロビット(Robit) めざましカーテン mornin' MN-C01』を購入してみたので、レビューしていきます。

 

※1 IoT「Internet of Things」の略、これまではインターネットに接続されていなかったモノが接続されることを意味する。

POINT

-メリット-

・カーテンの自動開閉で手間要らず

・自然光で目覚められる


-デメリット-

・動作音がうるさい

・少々高い

 

 

 

 

外観 & レビュー

開封 と 接続

f:id:mrinrin92:20181210233830j:plain

正面に製品をイラストタッチでプリントした外箱は、シンプルながらも、柔らかい印象で僕好みです。

-製品仕様-
タイトル 内容

寸法

約56mm×97mm×41mm(横×高さ×奥行)

重量

約67g(電池を除く)

動作時間

約5ヶ月

通信規格

Bluetooth Low Energy

通信可能距離

約10m(障害物のない場合)

 

f:id:mrinrin92:20181210233835j:plain

今回は、Amazonの中古で購入したため『本体・説明書』のみが同梱物になっていました。新品であれば、これにテスト用の単三電池3本が付属しているそう。

 

f:id:mrinrin92:20181210233840j:plain

購入後に気づいたのですが、これは旧型で、現在では『mornin’ plus』という最新型が発売されています。しかし、基本的な性能は同じなので、値段を抑えたいと言う人は、旧型を購入するのもアリです。

ボタンは『正面にあるスイッチ・その下にあるリセットボタン』のみなので、操作に困ると言うことはないはず。

 

f:id:mrinrin92:20181210233850j:plain

正面スイッチを押すとランプが緑色に『点灯・点滅』し、この状態になると接続の設定の準備が完了。

 

f:id:mrinrin92:20181210233859j:plain

また、正面スイッチを押し込むと、上部のアームが回転し、カーテンレールに取り付けられるようになる仕組みになっています。

 

f:id:mrinrin92:20181210233845j:plain

背面には電池トレーがあり、単三電池3本で稼働。電池の消耗が激しそうなので、僕は大容量の充電池を購入しました。

これならば、再利用が出来るので電池を棄てる手間も無いし、長期的にみればコスト的にも吉。

 

カーテンへの取り付け

ヒトコト

 

1つでカーテンの全面開閉も可能!

 

f:id:mrinrin92:20181210233854j:plain

僕の部屋は、1K賃貸のごく一般的な部屋です。カーテンに関しても普通で、想像通りのものだと思います。

 

f:id:mrinrin92:20181210233904j:plain

取り付けは非常に簡単で、先ほどのスイッチを押し込んで、アームを回転させながらカーテンレールに入れると、挟まって付くというもの。

これが機関車の先頭車両のように『カーテンを引っ張る』ことによって自動カーテンの仕組みを作っているわけです。

 

f:id:mrinrin92:20181210233834j:plain

磁力は強く、地震などの強い揺れや、少しぶつかったくらいで落ちるということはなさそう。

 

アプリでの設定

アプリダウンロード と 接続

f:id:mrinrin92:20181210233656j:plain

f:id:mrinrin92:20181210233701j:plain

まずは、専用アプリをダウンロード。アプリ内で絵を使って分かりやすく接続方法を教えてくれるので迷うことなどはありませんでした。

表示される画像の手順通りに進めていくのが一番分かりやすいので、ここで説明する必要はないでしょう。

めざましカーテン mornin' plus (モーニンプラス
めざましカーテン mornin' plus (モーニンプラス
開発元:株式会社ロビット
無料
posted withアプリーチ

 

タイマーなどの設定

f:id:mrinrin92:20181210233721j:plain

この製品の開閉の仕組みとして『スイッチを押したらカーテンレールの端まで行って勝手に止まる』などでは無く、『カーテンレール幅が1mだったら40秒』のように、時間で可動域を指定する必要があります。

端まで行っても、モーターが回り続けるだけで問題はないんですが、バッテリーのことも考えると「カーテンの端まで、ピッタリ何秒で止まるのか」ということを調べる必要がありそうです。

 

アプリの『本体設定→開閉動作』をみると、設定画面が出てくるので試行錯誤してみてください。可動時間は『5秒から4分10秒』で、これにモーターの強さ『1–7段階』を考慮して最適な時間を探す必要があります。

モーター駆動を強くすると音が大きくなって、寝ているときに目を覚ましてしまうなどの可能性もあるので、注意が必要です。

 

f:id:mrinrin92:20181210233726j:plain

『タイマーの設定』もでき、これが一番便利。

朝と夜に設定しておけば、自動で閉まるので、カーテンを開ける必要が無くなります。アプリメニューから簡単に『OPEN・CLOSE』『繰り返し』の設定をすれば完成です。

 

使用感レビュー

良いところ

カーテンを開け閉めしなくていい楽さ

この製品を買った最大の理由は『カーテンの開閉自動化』

正直に言えば、別に無くても問題はないんですけど、あるとあるで便利。何と言っても未来感ありますしね。

 

自然光で起きるのは気持ち良い

f:id:mrinrin92:20181213000501j:plain

「朝起きられない」「だるい」 その原因は、主に、深い睡眠からむりやり起きたことによる『睡眠慣性』(目は開いていても 脳が起きていない「ウトウト脳」の状態)と言われています。
太陽光がその解消に有効と考えられており、モーニンが寝起きのだるさの改善をサポートします。太陽光での目覚めが体を「起きるモード」へ、パフォーマンスのよい脳の状態へと導きます。

スマホのアラームとかで起きるのって不快ですよね。『無理矢理起こされる』感じがして、僕はあまり好きではありませんでした。

しかし、この製品があれば、夜カーテンを閉めて寝ても、朝には自動で開くので、朝日が窓から差し、心地良い理想的な目覚めを実現できます。

 

1つでカーテン全面をしめることも可能

番外編ですが、本来ならば2つ使うことが推奨されていますが、この製品一つで両サイドのカーテンを開けることが可能です。

先ほどの設定で、可動時間を長くすることによって、それが可能になりました。駆動力を最大にしなければ、動かないなどの問題はありますが、2つ買うほどのお金がない僕にとっては十分です。

 

悪いところ

動作音が結構大きい

購入前からレビューでよくみるので分かっていたことですが、眠りの浅い人だったら起きてしまうかもしれないくらいモーター音が大きいです。

駆動力を下げれば、音は小さくなりますが、それでも多少の音が発生してしまいます。僕自身、これで起きるということはありませんでしたが「眠りが浅い」と自覚のある人は注意が必要です。

 

カーテン自動開閉に¥6,000を出せるかと言う問題

他に何ができるでもない、カーテンを開け閉めするだけの機械に¥6,000を出せるかというのが最大の問題です。

僕自身、ちょっと前からこの製品の存在には気付いていましたが、その値段のために何度か購入を断念してきました。「無かったとしても、手で開閉できるし、それが当たり前だし」という人がわざわざコレを買うか、というと難しいかもしれません。

 

AIスピーカーに対応していない

f:id:mrinrin92:20181213000515j:plain

ニッチな問題ですが、色々な家電を繋いでAIスピーカー AmazonEchoに「Alexa、テレビつけて」みたいに、話し掛けるとその家電が付く。というシステムを作り上げています。

その流れで、カーテンもスピーカーと接続したかったのですが『対応しておらず』

 

家にいるとき「暗くなって来たからカーテン閉めたい」という機会は、結構あるので近いうちに対応してくれると嬉しいなぁ。

 

 

 

まとめ

そんなところにお金かけないで、カーテンぐらい自分で閉めればいいじゃん

お金の問題じゃ無い。『ロ・マ・ン』なんだよ。

使い始めて数日が経ちましたが、僕の場合、作動音で起こされることもなく満足しています。何よりも、自然光で目覚めるのって気持ち良い。

自然に起きられますし、これで朝に弱いのも多少は改善してくることを祈ります。

 

カーテンを自動で開閉したいというニッチな製品ですが、持っていて損はない製品だと思いますよ。

無料のiOSデータ管理 & YouTubeダウンローダー『EaseUS MobiMover Free 4.5』レビュー【PR】

f:id:mrinrin92:20181024145035j:plain

現代生活、スマホが無くては成り立ちません。『アプリ・写真・動画・映画』などどれか1つでも無くなってしまうと大変なことに。

でも、それらを毎日使っていると、いつの間にか『容量が足りない』ということになってしまいます。そんな時は、iTunesを使って管理すればいいんですが、手間が多く少し面倒。

 

そこでシンプル・ワンクリックでデータの管理が出来てしまう『EaseUS MobiMover Free(モビムーバー・フリー)』の紹介をしたいと思います。

※この記事はEaseUS様のご依頼を受けて書いています。

POINT

-メリット-

・シンプルなデータ移動

・ほぼ全ての機能が無料

・優良動画ダウンローダー


-デメリット-

・iTunesで殆ど出来る機能

 

 

 

 

EaseUS MobiMover Freeの特徴

iPhone向けのデータ移行ソフトとして、本製品は、無料であなたのiPhone/iPad内のデータをバックアップしてくれます。またiOSデバイスとWin/Macパソコンの間でファイルをシェアすることが可能。また、iPhone 4sから最新のiOS12が搭載されているiPhone XS/XS Max/XRまで、幅広い端末で利用出来ます。

 

UIが使いやすいシンプルデザイン

f:id:mrinrin92:20181213223233j:plain

ソフトを開いて、最初に思うのが『シンプルなデザイン』

こういったソフトは、機能がたくさんあるばかりに繁雑なデザインになってしまい、慣れていないユーザーにとっては非常に使いにくいものになってしまいがち。

 

しかし、このソフトはわかりやすい画像やタブで初心者でも迷うことはなさそう。

 

パソコンからiOS端末にデータを移行

f:id:mrinrin92:20181213223154j:plain

大きく3つある機能のうちの一つが『パソコンからiOS端末へのデータ移行』

操作は非常に簡単で、トップ画面の『MacからiOS端末へ』をクリックすると、すぐに操作画面が出て来ます。

 

f:id:mrinrin92:20181213223343j:plain

ここで、iOSデバイスに移行したいデータを選択。

『写真・音声・動画』など、大体のデータを移行できます。ここでは、多くの人が使うであろう、写真を選択。

 

f:id:mrinrin92:20181213224923j:plain

インポートを押せば、写真が転送されiPhoneで見れるようになります。

これだけで、説明も要らないくらいの簡単さ。

 

iOS端末からパソコンにデータを移行

f:id:mrinrin92:20181213225059j:plain

f:id:mrinrin92:20181213225132j:plain

次も同様に、トップ画面から『iOS端末からMacへ』を選択すると、操作画面が出現。

『写真・音楽』などはもちろんのこと、『連絡先・メッセージ・ポッドキャスト』などの細かいところまで転送が可能。ニッチだけど、ポッドキャストの転送とかは一定の需要がありそう。

 

iOS端末同士でデータを移行

f:id:mrinrin92:20181213225217j:plain

これもニッチなところですが、『iOSデバイスからiOSデバイス』へのデータ移行が可能。

普通だったら、『iPhoneの写真→パソコンに保存→保存したデータ→iPadに移行』という流れが必要でした。しかし、これならば、その間を通さずに『iPhoneの写真→iPadに移行』とプロセスが短くなります。

 

正直、これが必要な用途は僕には見つけられませんが、データ移行に特化したEaseUS MobiMover Freeの特徴ということで。

 

iOSデータのカスタマイズ

f:id:mrinrin92:20181213233528j:plain

『端末間』のデータ移行だけでなく、1つのデバイス内のデータ管理も出来ます。

『音楽・写真・動画・アプリ』など大体のデータ管理が可能。データカテゴリを選択して、管理したいファイルを選定します。

 

画像の場合は、写真の管理で右上のアイコンを押すことで『削除・追加・編集・移行』の操作が可能になります。

 

動画をダウンロードしてiOS端末に転送/Macに保存

ヒトコト

 

・このソフトは隠れた本質は無料の優良動画ダウンローダー

 

f:id:mrinrin92:20181213225406j:plain

ここまで紹介してきた機能は、正直なところiTunesと被っており、わざわざこのソフトを使ってやる程ではありません。

しかし、最大の特徴は『動画のダウンロードをできるという点』

動画ダウンローダーを探しても『サイトが怪しくウイルスの心配・HDダウンロードには有料登録が必要・YouTubeはダウンロード出来ない』など "これが良い" というサービスがなかったというのが、僕の感想。

 

でも、このソフトならば動画ダウンロードに関して、完全無料で『YouTube・Dailymotion』などの有名動画サイトの動画をダウンロード可能。

 

f:id:mrinrin92:20181213225504j:plain

使い方もシンプルで、トップページの『動画のダウンローダー』に動画URLをペースト。ダウンロード先を指定すると、そこに保存されます。

EaseUS』は実績・サポートなども充実しており、ウイルスの心配など皆無でサービスを利用できます。

 

f:id:mrinrin92:20181213225603j:plain

ダウンロードした動画は、こんな風に視聴可能に。調べてみたところ、多くの動画サイトのものがダウンロード可能だったので『ダウンローダー』としてだけ使用するのもアリです。

 

 

 

まとめ

動画ダウンロードって大丈夫なの?

私的利用は認められてるから大丈夫だよ

実際のところ、iTunesの多くの機能と被ってるので、データ管理ソフトとしての価値がそこまであるのかというのは疑問です。

でも『動画ダウンローダー』としては、実績・サポートも充実で信頼のできる会社だし僕は「当分はこれを使っていこうかなぁ」と思います。

 

もちろん、人によって使い方もニーズも違うのでデータ管理ソフトとして使うのも良いと思います。ほとんどの機能は無料で使えるし、試しに使ってみてはどうですか?

ブロガー必須! 快適な打感、快感のキーボード『FILCO Majestouch MINILA Air JP68キー 青軸(FFBT68MC/NB)』レビュー

f:id:mrinrin92:20181212200934j:plain
『ブロガーたるものキーボードは1万円以上のモノを』

 

ブログを始めて2年半、一定数の収入を得られるようになり、最近のテーマは"投資"

1年中、毎日数時間使い続ける、周辺機器にはお金をかけてでも良いモノを使おうという趣旨です。以前紹介した圧倒的所有感。新型トラックボールマウス Logicool(ロジクール)MX Ergo MXTB1sレビューも、その一環で購入したもので、普通の人ならば¥2,000程度のものを使っているだろうマウスに¥8,000をかけました。

高級な分、使い心地は最高で「すごく良い買い物をした」と心から感じます。

 

そして次に目を付けたのが "キーボード"

現在使っているApple純正キーボードに不満はありませんが「もっと良いモノを」ということで、たまたま見つけ、衝動的に買ってしまった最高の打ち心地を提供してくれる『Majestouch MINILA Air(FFBT68MC/NB)』を紹介します。

 

POINT

-メリット-

・タイプライターのような最高の打音

・心地良い打ち心地


-デメリット-

・値段が高い(およそ¥10,000)

・重量感がある(700g)

 

 

 

 

外観 & レビュー

f:id:mrinrin92:20181210194953j:plain

DIATEC|ダイヤテック株式会社 製品情報

正直、外箱はだいぶ安っぽい印象。それなりの値段するので、もう少し外箱には力を入れて欲しかったなぁ。(まぁ、すぐ捨てるんだけどさ。)

機能面では『Bluetooth 3.0』なところが多少気になるけど、それ以外は普通です。

 

-キーボード 仕様-
タイトル 内容

キースイッチ/キー数

Cherry MX 青軸 (click tactile)/68キー

かな印字

なし

キーピッチ/キーストローク

19mm/4 ±0.5mm

サイズ/重量

幅297×奥行124×高さ40mm(スタンド使用時46mm)/680g(電池別)

インターフェース

Bluetooth 3.0 Class 2(HIDプロファイル準拠)

 

青軸・赤軸・茶軸・黒軸とは?

f:id:mrinrin92:20181210194957j:plain

ヒトコト

 

軸によって、打ち心地が全然違う!

 

・青軸と赤軸の良いところを取り、バランスが良いのが茶軸

・静かな打鍵音、しっとりとしたスイッチ感を求めるなら赤軸

・キーを押す時の気持ちよさ、心地よさを求めるなら青軸

このキーボードのような青軸の場合、「カチッ」とした感触と音があり、タイピングするたびに心地良い「カチャカチャ」という音が楽しめます。なので、ブロガーなどのキーボードをよく使う人に適したものと言えます。

その反面『タイピング音が大きいので外での使用などには適さない・耐久性が低い(2,000万タイピング)』などのデメリットもあり、最終的には自分の用途に合っているか、という点で決めることになると思います。

 

このサイトで詳しく説明されていたので、詳細知りたい方はぜひご覧ください。

 

 内容物

f:id:mrinrin92:20181210195001j:plain

内容物は『キーボード本体・単三電池 2本・交換用キーセット・説明書』

 

キーボード所感

f:id:mrinrin92:20181210195007j:plain

ヒトコト

 

ホントに打感・打音が最高

 

深めのストロークで、好みは分かれそう。

実際、僕もストロークが深いキーボードは苦手で、アップル純正キーボードのような比較的浅いものを使うようにしていました。しかし、このキーボードの場合、後述しますが、深いキーボードにありがちな『打ちにくさ』を感じません。

 

f:id:mrinrin92:20181210195013j:plain

キーの側面には『command⌘』などの文字も刻んであり、それらの機能も使えるようになっています。

僕が今回購入したのは『68キー』とキー数が少なめなので、このような仕様になっていますが、追加で¥1,500ほど出せばテンキー付きのものなど、ラインナップは多く用意されているので、自分好みのものを探し出せるでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20181210195028j:plain

背面には『DIPスイッチ・コネクトボタン・電源スイッチ・電源ケース・スタンド』がついています。

スタンドを立てなければ手首が疲れてしまい、長時間の作業はとても無理なので、ほとんどの人が使うことになるはず。

 

DIPスイッチとは?Macでの使用可

f:id:mrinrin92:20181210195034j:plain

f:id:mrinrin92:20181210221700j:plain

各種設定効果

キーボード裏にスイッチがあるということ自体、初めての経験なので「難しそう...」と思うかもしれませんが、使い方は簡単。

スイッチの『ON・OFF』をすることによって細かい設定が可能になるというものです。好みによって変わってくるところかもしれませんが、僕の場合はMacのキーボードに慣れており、同じ配置にするため『スイッチ 2』のみをONにして『CapsLockとControlキーの場所を変更』しました。

 

f:id:mrinrin92:20181210195039j:plain

f:id:mrinrin92:20181210195044j:plain

付属の『Key Puller』を使えば、キーの交換は簡単に行えます。

また、購入前に最大の懸念だったMacでの使用ですが、何の問題もなく使用できています。しかし、ファンクションキーを使っての画面明るさ調整などが出来なくなってしまうので、Macでこのキーボードへの完全乗り換えは難しそうです。

 

アップル純正キーボードとの比較

f:id:mrinrin92:20181210195018j:plain

f:id:mrinrin92:20181210195022j:plain

アップル純正のキーボード(1世代前のもの)と並べてみるとこんな感じに。

横の長さにそこまで大きな変化はありませんが、厚さに関しては数倍の差が。そして圧倒的なのが『重量』、大きさはほぼ同じにも関わらず、倍以上の重さが有ります。

手で持つと「ズシっ」と感じるくらいで、持ち運びには向きません。家で使う専用キーボードになることは確実です。

-キーボード 比較-
タイトル Magic Keyboard MINILA Air

282mm
297mm

奥行

139mm
124mm

高さ

29mm
40mm(46mmスタンド有)

重量

257g(電池別)
680g(電池別)

 

使用感 & 良いところ・悪いところ

ヒトコト

 

一長一短っていう言葉がピッタリ

 

数日使って感じた『使用感』を7つの『良いところ・悪いところ』と一緒に、まとめていきたいと思います。

 

良いところ

何と言っても快感のタイピング

『滑らか過ぎるボールペン』『音が大き過ぎるスピーカー』『画素数が高過ぎるカメラ』など世の中には色々と"過ぎる"モノがあります。言い換えれば、ある一点に特化したそんな製品は、万人向けでは無いけれども、ある専門的な人にとっては物凄く良いモノ。

そして "タイピング" という一点に特化したのが、このキーボードの特徴。

 

他製品の青軸キーボードの深いストロークでは、タイピングをすると底にぶつかってしまう感覚があり、長時間のタイピングには向いていませんでした。しかし、このキーボードは、ストロークが深いながらも、しっかりと『キーが返ってくる』感覚があり、長時間使っても疲れにくく、まさにブログ執筆には最適のキーボード。

この感覚を文章で説明するのは難しいので、一度家電量販店などで試してみると良いと思います。僕が探した限りでは『ヨドバシカメラ 新宿西口店・ビックカメラ 新宿西口店』にあることは確認しました。

 

打つたびに気持ち良い打音

最大の特徴はこの心地良い "タイピング音"

打つたびに「カチャカチャ」と部屋に響くメカニック音は、何故か自分が大物ブロガー・有名小説家になったかのような気分にさせてくれます。

このタイピング音に関しては好き嫌いが分かれそうですが、好きな人は「とことん」好きになると思います。

 

高級感・所有感を満たしてくれる

普通のキーボードが¥3,000くらいにも関わらず、これは¥10,000を超えます。間違いなく高級キーボードの部類で、それを使ってタイピングしているだけで所有感が満たされます。

また、ズッシリとした重さと全体が黒一色で覆われたキーボードからは高級感を感じられ、これだけでも「買って良かった」と思えるはず。

 

悪いところ

キーボードにしては高い

やはりキーボードに¥10,000っていうのは、普通の人なら躊躇してしまう値段です。上を見れば『HHKB』のように¥30,000近くするキーボードもあるので、比べれば安い...

やっぱり高いので「確実に毎日数時間タイピングするから良いモノを!」という志のある人でなければ、気軽に手を出せないと言うのがネック。

 

外付けiPadキーボードとして持ち運びたいけど...

f:id:mrinrin92:20181212195646j:plain

今回、テンキー付きのものを買わなかった理由は「もしかしたら、iPadの外付けキーボードとして使う機会もあるんじゃないかなぁ」と思ったからでした。

だけど、電池含めて『重量 約700g』、2018 iPad Pro 11インチが468gと言うことを考えると、日常的に持ち運ぶのは非現実的。「1,000円ちょっとしか変わらなかったし、これならばテンキー付きのものを買えば良かった」と少し後悔しています。

海外旅行などの長期滞在の時なら、キャリーケースに入れて持っていくことも可能かもしれないけど...

 

公害レベルのタイピング騒音

良い面があれば悪い面もあるもので、このキーボードの場合『響き渡るタイピング音』が悪い面です。

何と言っても、最大の持ち味が『最高のタイピング音』、しかし、先ほどの動画を見てもらえば分かると思いますが、その音が結構鳴り響きます。普通の強さで打っていても大きな音がするので、カフェで使おうものなら、周りのお客さんからの鋭い視線が飛んでくることでしょう。

『重量・騒音』の面でも、やっぱりこのキーボードは自宅専用です。

 

日本語/英語切り替えが面倒

f:id:mrinrin92:20181212200906j:plain

これまで、アップル純正Magic Keyboardを好んで使っていた理由は『英数・かな』の切り替えが非常に簡単だったからと言うことがあります。

と言うのも、スペースキーの両隣に各キーが設置されており、非常に簡単に切り替えができていました。毎日数十回切り替えるほど頻繁に使うキーなので、これは僕にとって欠かせない条件。

 

しかし、今回のキーボードにそれはありません。キーの切り替えを行うには『Commandキー+スペースキー』という、面倒くさい方法を使わざるを得なくなりました。

これでも、普通にタイピングは出来ているのでいいんですが、もう少しキーをカスタマイズできるとはあれば良かったなぁ。

 

 

 

まとめ

キーボードに1万円は流石に高すぎじゃない?

でも、ブログ収入数日分って考えればそうでも無いでしょ。稼いだお金は使わないと!

f:id:mrinrin92:20181212011859j:plain

日常的にはこんな風に使ってます。

値段は¥10,000ちょっとくらいですが、paypayを使うことで20%引き・ビックカメラポイント(クーポン併用)で11%還元・クレジットカード2%のトータル『33%引き(¥3,500OFFくらい)』で購入することが出来ました。

特にブロガーの人は、これからの成長のための自己投資としてもお気に入りのキーボード探してみてはどうでしょうか?

壁を傷付けない! 無印良品 壁に付けられる棚: 長押の購入レビュー

f:id:mrinrin92:20181128214854j:plain

ディスプレイとしても優秀

収納のレベルが "立体" に移りました。

 

『キレイ好き』という性格もあって、これまで色々と収納についてはやっており、カゴに纏めて(まとめて)入れるなどもスッキリ感があって好きなのですが "立体的に収納出来ると、ヤッテヤッタ感もオシャレ感も「グンッ」と上がります"

そんな訳で、目をつけたのが『壁』

更なるインテリアお洒落を目指して、以前から気になっていた "壁を傷付けずに済む" 無印良品の壁掛け棚を購入したのでレビューします。

 

 

 

 

f:id:mrinrin92:20181128214910j:plain

今回購入したのが、無印良品の『壁に付けられる長押 ¥1,790』

和の建築からヒントを得た長押(なげし)タイプ。
衣類を吊るしたり、絵や写真をディスプレイするのにも便利です。

 

これまでの無印良品は「シンプル、オシャレで好きなんだけど、高くて買えない」という事がよくありました。

しかし、最近 "価格の見直し" が進み、多くの無印製品が安くなったことに加えて、無印週間で10%OFFでの購入できるということで、以前から気になっていた『壁に付けられる家具』の購入に至りました。

 

質感・組み立て

f:id:mrinrin92:20181128214929j:plain

『長押 本体・取り付け具・説明書 2枚』が内容物

 

f:id:mrinrin92:20181128214906j:plain

長押本体の裏側を見ると、一部の金具は取り付け済みになっているので、やる事は壁に金具を取り付けるくらいで、取り付け作業は非常に簡単そうな印象です。

 

f:id:mrinrin92:20181128214914j:plain

今回は『オーク材』のものを購入したのですが、表面は木の質感があり、部屋にオシャレな雰囲気をもたらしてくれます。

他にも数百円値段は上がりますが『ウォールナット材』のものもあるので、自分の部屋にあった雰囲気のものを購入すると良いでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20181128214937j:plain

左から専用固定フック・専用固定ピン・ピンの取り外し具

これが同梱されていた金具一覧

『専用固定フック・専用固定ピン・ピンの取り外し具』のみで、女性でも一人で簡単に取り付けできそうです。

 

f:id:mrinrin92:20181128214922j:plain

固定ピンは画像のような、特殊な形状になっており、ネジのように壁に大きな穴が空くことは無いようです。

僕自身、賃貸に住んでおり、なるべくなら壁に穴を開けたくなかったので、この点は購入する際に大きなポイントとなりました。

 

f:id:mrinrin92:20181128214934j:plain

押し込むとこのようにピンが開くので、それが壁の中で広がり、重さを分散する事が可能に。このピンだけでも結構の重さに耐えられるようになっています。

 

取り付け

f:id:mrinrin92:20181128214941j:plain

取り付けは非常に簡単でした。

一連の流れは『紙を貼って・金具を取り付けて・長押をはめる』これだけです。

注意点となるのは、一番始めに行う『紙の取り付け』で、これが斜めになってしまうと長押も斜めになってしまうので、水平器を使うなど工夫をして、慎重に行う必要がありそうです。

 

f:id:mrinrin92:20181128214946j:plain

紙に印刷されている通り、金具を壁に取り付けていきます。

ピン取り外し具に穴が空いており、その穴がピンのヘッドとフィットし、力を込めて押しやすくなっているので、多少の力は必要ですが、そこまで難しい事はないでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20181128214950j:plain

作業時間20分ほどで取り付けることが出来ました。斜めになることもなく、非常に簡単に作業終了。

実際のところ、ディスプレイ出来るのは本数冊くらいなので、あまり収納性という点では優秀とは言えませんが、何と言ってもオシャレ感が一気に増します。

僕は、ベットサイドに取り付けて、寝る前に読むKindleだったり、iPad、本を置くようにしています。

 

 

 

まとめ

f:id:mrinrin92:20181128214858j:plain

スピーカーを壁掛け棚に載せようと...

本当は、ベットにおいてある『スピーカーを載せる棚』を購入しようとしていたんですが、間違って『長押』を購入してしまい、今回レビューすることになりました。

長押も非常に良い製品で、不幸中の幸いだったのですが、今度はちゃんと『壁に付けられる棚』を購入したいと思います。

 

柄などの少ないシンプルな梱包ダンボールのために、無印の商品は見分けにくいという注意点も見つけることができたので、今後は商品名をしっかりと確かめた上で購入するようにしたいと思います。

vol.1 2018年11月版 買って良かったものランキング

f:id:mrinrin92:20181126225006j:plain

今月から始めてみる『買ってよかったものランキング』

1ヶ月で買ったものの中から「買ってよかった」と思った、トップ3つのモノを紹介していきます。

 

 

 

 

No.1 iPad Pro 11インチ WiFiモデル 64GB シルバー

f:id:mrinrin92:20181107132846j:plain

久しぶりに購入した新品の『Apple製品』

この新型iPadは、オールスクリーン・Face IDなど新たな機能が色々と追加された、まさに "iPadの集大成" とも言える製品です。

ほぼ毎日使っていますが、使っている・持っているだけで満足感を与えてくれ、高かったけれど「買って良かった」と感じることの出来る製品でした。

 

iPhoneを筆頭とする、最近のApple製品の傾向通り、新型iPadProも最低モデルで "約9万円" とハッキリ言って「すごく高い」価格になりました。

様々な機能が追加されていること・パソコンをも凌ぐもどの性能ことなどを考えて、多少高くなってしまうことは致し方無いとは思いますが、8万円以内くらいになると手も出しやすいんですけどね。 

 

No.2 Logicool ロジクール MXTB1s トラックボールマウス MX ERGO

f:id:mrinrin92:20181121123727j:plain

買って間もないが、ランクインした『Logicool トラックボールマウス MX ERGO』

トラックボールという、一見操作が難しそうなマウス。しかし、使ってみると本当に「他には戻れない」といえるような使い心地です。

直感的な操作という点では、AppleのMagic Trackpadにも似ていますが、日々のマウス操作ではこちらに軍配が上がります。

 

このマウスを使う為に「パソコン作業は家でやろう」と思うくらい、僕は気に入っており「もっと早く使っていれば良かった」と感じました。

約1万円と高級マウスではありますが、それに応える活躍をしてくれることでしょう。

 

No.3 チラシ・勧誘印刷物の無断投函は一切お断り! 高耐候性ステッカー

f:id:mrinrin92:20181126215546j:plain

これまでのラインナップとは大きく変わって、次は『シール』です。

一人暮らしをしていて感じる悩みというのは、いくつかありますが、その1つが "全く関係の無いチラシが投函されること"

しかも、そういったチラシは "同じものを何度も投函しにきます"

 

一人暮らしの大学生に『駐車場はいかがですか?・月々1000円からの生命保険!』などのチラシを入れられても、ゴミ箱に直行するだけで、このちょっとしたストレスを解消する為に購入したのがこのステッカーです。

"¥400" と少し高く感じましたが、レビューでは非常に良い評価が付いていたので購入してみました。

実際、これを玄関ドアに貼り付けてから2週間くらい経ちますが、チラシは大幅に減り、まだチラシを入れられることもありますが、これだけの効果があるのであれば満足です。

 

また、シールは跡が残らないように出来ているので、賃貸でも安心して貼る事ができました。

 

 

 

まとめ

やっぱり、高級品は満足度を満たしてくれる製品が多いように感じます。しかし、iPad代に加え、留学費の支払い、分割払いのMacBook代などで今月50万円以上使っているような...

 

『東京ぐらし』もやっていますが、こうした1ヶ月のまとめ記事はモチベーション・ペースメーカーにもなるので続けていきたいと思います。

圧倒的所有感。新型トラックボールマウス Logicool(ロジクール)MX Ergo MXTB1sレビュー

f:id:mrinrin92:20181121224253j:plain

ブロガーである以上、毎日使うパソコンの周辺機器は "良いモノ" を、と思っている。

 

そこで今回、目をつけたのが "マウス"

ブログを書くにあたってに、キーボードと同様に無くてはならない存在であり、毎日使うものだからこそ、多少高いものを買っても『性能が良く・効率が上がれば』十分に元を取れるはず。

今まで使っていたマウスに特別な不満は無かったのですが、ずっと気になっていた "トラックボールマウス" を購入してみました。

明らかに異様なマウスに、購入前は使い方が分からず心配だったりと不安はありましたが、実際に使ってみると『もう他には戻れない快適性』が得られました。

その使い心地をレビューしていきます。

 

 

 

 

外観

f:id:mrinrin92:20181121123727j:plain

重厚な箱に入って届いた "Logicool(ロジクール) MXTB1s"

付属品は『マウス本体・レシーバー・充電用Micro-USBケーブル・説明書』

 

ガジェット界の流れとして、徐々にUSB Tupe-Cに移行してる中で、Micro-USBと言うのが少し残念。ガジェット系全ての充電端子もType-Cに統一されていけば、快適性が増すんですけどね。

 

f:id:mrinrin92:20181121123632j:plain

今回はAmazonで購入したので、購入前に実物を見ることが無かったのですが、いざ届いて初めて見るとその大きさに驚きます。

 

f:id:mrinrin92:20181121123554j:plain

左から、Magic Trackpad・iPhoneX・MXTB1s・M185

今まで使ってきたマウスが『Logicool M185』という製品で、これがおそらく一般的なマウスの大きさ。

『MXTB1s』はひとまわり大きく、一般的なマウスだと使用する際は "マウスを覆う" ように使う感じですが、これの場合は "手を載せる" と言うのが適切な表現です。

 

重量に関しては、ドッシリとした重さがあり、持ち運びには向かないそう。家のみでの使用が無難です。

-MXTB1s 大きさ比較-
タイトル MXTB1s M185(一般的マウス) Magic Trackpad1

高さ

132.5mm
99.5mm
128mm

51.4mm
38.6mm
127mm

奥行き

99.8mm
59.8mm
15mm

重さ

259g
74g
180g

※個人計測のため実際の寸法とズレのある可能性があります。

 

f:id:mrinrin92:20181121123649j:plain

上部には充電用のMicro-USB端子

今までの電池を換えなければいけない煩わしさから解放されるのは嬉しいところ。1回のフル充電で最長4ヵ月、1分の充電で約1日使用可能な高速充電に対応しているので、マウスのバッテリーに関するストレスからは解放されそうです。

 

f:id:mrinrin92:20181121123518j:plain

底面には "滑り止め" のためのゴムパッドが

このマウスを使う以上『マウスは動かして使うもの』と言う考えを捨てなければいけません。全ての操作は "マウスの上" で行われます。

 

f:id:mrinrin92:20181121123534j:plain

接続方法は『Bluetooth』もしくは『レシーバーを使用したUnifying』の2通りの方法があり、どちらか好きな方を選んで接続・使用することが出来ます。

ノートパソコンなどで使う場合に、Blurtoothを使えば、USBにレシーバーを差さなくても使用できるようになったので利便性が上がりました。

 

特徴

トラックボール

f:id:mrinrin92:20181121224302j:plain

このマウスの存在は知っていたものの、あまりにも異様な "トラックボール" によって避けていました。

このトラックボールを「クルクル」と親指で回すことによって、マウスポインターを動かすことができ、慣れてくると操作も通常のマウスよりも快適に感じるように。

 

僕は慣れるまでに1時間くらいかかりましたが、その後は非常に使い心地は良く、特に長時間のパソコン作業をする人ならば、その恩恵を大きく受けられると思います。

 

20°の傾斜角

f:id:mrinrin92:20181121223043p:plain

人の手によって成形された形状が手のひら全体と指をサポート。マウス使用時と比べ、筋活動量が減少することで快適性を維持。さらに、傾斜角を20°に調節可能、より自然に近い手のポジションで筋疲労を軽減

マウスを「クッ」と押すと、角度が変わります。傾斜角をつけなくても使用できるので使うかどうかは好みになるとは思いますが、トラックボールがある分、傾斜角をつけないと腕が疲れて使いにくいので大体の人が使うのかなぁ、と推測。

 

Logicool Optionsを使用したカスタマイズ

f:id:mrinrin92:20181121133647p:plain

大きな購入の決め手になったのが、このカスタマイズ機能

パソコンを使っていると、なるべくショートカットを使用して効率を上げたくなります。そんな時に、そのショートカットがマウスのボタンで使えるというのは、嬉しい限りでした。

 

6つあるボタンそれぞれに自分好みのカスタマイズを行うことが出来るので、今までは『ブラウザの進む/戻るボタン』を使っていたウェブブラウジングも、マウスのボタンを押すだけに。

『ちょっとした快適性を上げることが出来る』これこそが、このマウスの真骨頂と言えます。

 

使い心地

f:id:mrinrin92:20181121123612j:plain

最初こそ、これまでのマウスとは全く違うそれに、使い心地が悪く返品も考えましたが、数時間経てば当たり前に使えるようになりました。

更に、1日経てばこれ以外のマウスは考えられない程に。

 

外でパソコンを使うときも「このマウスを使いたい」という気持ちが出て来てしまうくらいで、『全く新しい操作性』というよりは『快適性が上がる』というのが正直な感想。

1万円近くと、マウスにしてはだいぶ高く感じますが「買って良かった」と感じることのできる製品でした。パソコンをよく使う人は、買って損の無いマウスだと思います。

 

 

 

まとめ

正直なところ、マウスもMagic Trackpadもあったので、買わなくてもパソコン操作に問題はなかったのですが、元々使ってみたかったことに加えて、1500円オフになっていたので購入してしまいました。

とても満足感のあるマウスで、パソコンを使おうと考えると『親指がコロコロを回したくてしょうがない衝動』に襲われます。

パソコンをよく使うのに、1000円くらいのマウスを使っているような人は、検討の価値がありです。

Mac・Windows・iPhoneも! フリーファイル復活ソフトData Recovery Wizardを紹介! EaseUS(イーザス)【PR】

f:id:mrinrin92:20181024201947p:plain

「あっ、ゴミ箱完全削除しちゃった...」

 

パソコンを使っているとそんな経験の一度や二度はあるはずです。パソコンの無駄な容量を減らす為には必須の作業ですが「もしかしたら、まだ使うかも知れない」という不安は残ります。

実は『それがまだ復元出来るとしたら』すごく良くないですか?しかも無料で。

 

今回は『EaseUS Software様』のご依頼を受けて "ファイル復活ソフトData Recovery Wizard" についての記事を書いていきます。

 

 

 

 

Data Recovery Wizardとは?

様々な原因によって消失してしまったデータを復元することが可能です。(原因の例:誤削除、フォーマットの誤操作、パーティションの紛失、システム障害、ウイルスによる攻撃)

操作は簡単、3つのステップで速やかにデータを復元できます!

ガイドに従って操作するだけで、簡単且つ迅速に、あなたの大切なデータを取り戻すことができます。

ソフトの内容は単純明快、これをインストールすればあらゆるファイル形式のデータを復元できるということ。

 

f:id:mrinrin92:20181024202429p:plain

対応するハードウェア、デバイス、ファイルの幅は広く、ほとんどのものに対応できるでしょう。

 

無料・有料バージョン比較

もちろん、これだけ高機能のソフトの完全な機能をタダで使うという事は出来ません。

 

『Data Recovery Wizard Free・Data Recovery Wizard Pro・Data Recovery Wizard Technician』の3タイプのソフトがリリースされており、値段が上がるに連れて、機能が増していくという形です。

表にして比較してみましょう。

 

Free・Pro・Technician 比較
機能一覧 Free Pro Tech

復元可能データ量

500MB、SNSに本ソフトをシェア頂くと、更に1.5GBを追加(合計2GB)
制限無し
制限無し

指定したフォルダからのデータの復元

誤削除やフォーマットの誤操作によって消失したデータの復元
パソコン、ラップトップ、ハードディスク(外付け含む)など、多様なデバイスに対応
誤削除されたデータ、非表示になったデータ、RAWになったファイルシステムの復元
永久無料アップグレード
無料の技術サポート(永久保証)
クライアントへのサービス提供
ライセンスの形式
1台
無限
料金
¥0
¥8,900
¥58,000

 

Free版は無料というだけあって、使える機能はかなり制限されています。有料版と遜色なくファイルは復元できますが『復元可能データ量が500MB』だと、ちょっと使えば一杯になってしまいます。

現実的に使っていくとなると、Pro版からが妥当になってくるでしょう。

 

Tech版は『ライセンスが無限』が解除され、全ての機能が使えますが、値段が非常に高額なので、会社などでの導入用と考えられます。

 

ダウンロード・インストールの仕方

f:id:mrinrin92:20181024213344p:plain

EaseUSのホームページに行けば、分かりやすいところに購入のボタンが設置されているので、購入に戸惑う事はないでしょう。

それぞれのOSに対応した、ソフトを選択し、そこから『クレジットカード・PayPal・コンビニ決済』のどれかから支払方法を選択し、ダウンロードすれば完了です。

 

使ってみた感想

当たり前ではありますが、実際に消去したデータを復元する事が出来ました。

無料版ではありますが、簡単に使ってみた感想を、メリット・デメリットに分けてまとめていきます。

 

事例: SDカードを復元

今回試してみたのが、SDカードからの復元です。恐らく「間違って消しちゃった」ということが結構多いでしょう。

僕もその一人で、1時間かけて撮った写真が消えてしまいました。しかし、このソフトのおかげで、復元することが出来たのでその過程をまとめます。

 

f:id:mrinrin92:20181101153024p:plain

ソフトを起動すると『どれを復元するか』を選べるので今回はSDカードを選択。

 

f:id:mrinrin92:20181101153029p:plain

SDカードを選択するとスキャンが始まります。

最近消したものだけでなく、数ヶ月前に消したデータもスキャンされていました。つまり、SDカードは消したつもりでも結構前のデータが残っているということ。

 

こんな簡単に復元出来てしまうので、凄さを感じる一方、売却の際はデータの処分に気をつけた方が良さそうです。

 

f:id:mrinrin92:20181101153125j:plain

ここで、復元しようとすると "ライセンスを記入して下さい" との表示が。

これがトライアル版だからかも知れません、フリー版をダウンロードすればそんなこともないでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20181101153038p:plain

少し待っていると、実際に復元されていました。

JPEGはもちろん、しっかりとRAWも復元。1時間分のデータがしっかりと復元されていました。その後は何の問題も無く写真の編集を行うことが出来ました。

 

メリット

・無料で復元出来てしまう。

・操作が簡単

 

何と言っても、無料というのが大きいです。こんなしっかりとしたソフトを制限があるとはいえ、簡単に使えてしまうのは驚きです。操作も簡単で、特に説明書など無くても、直感的に復元出来てしまいました。

 

デメリット

・有料版が高い

・復元可能データ量が少ない

 

もちろん、適切なサービスを提供して貰っている分、対価としてお金を払うのは当たり前なんですが、なるべくならお金を払わずに使いたいというのも正直なところ。

「少し良いな」と思って有料版を購入しようと思っても、¥8,900となると購入する気が落ちてしまいます。中間の¥5,000くらいのバージョンもあると良かったんですけどね。

 

また、無料版では復元データ量が少ないので、HDDの復元などは難しい。SDカードの写真復元などが適切な使い道になってしまうでしょう。

やはり『¥0→¥5,000→¥8,900』というアップデートプログラムがあれば良かったですね。

 

 

 

まとめ

簡単にまとめてみました。

復元ソフトを使ってみるのは初めてでしたが、こんな簡単に使えてとても良いと感じました。有料版が高いというのがネックではありますが、それに値する性能があると思います。

無料版でも、非常用のデータ救出ソフトとしては重宝できると思いますので、一度使ってみたらどうでしょうか?

【徹底調査】国内線で一番安い比較サイトは?スカイ・シー格安航空券モールで予約・買う飛行機チケットは本当に安いのか? 使い方などを説明しつつ【PR】

f:id:mrinrin92:20181017235825j:plain
『旅行は常に安さとの勝負だ』

 

ツアーでも「とにかく安いものを!」と探す人は多いですが、最近ではLCCの台頭などによって、各々で飛行機のチケット・ホテルなどを手配する『個人ツアー』も増えているといいます。

そこで問題になってくるのは "いかに飛行機チケット代を安く出来るか" という事。『いくつもある比較サイトを比較して、その比較サイトでチケット代を比較して...』と、チケットを比較するだけでも疲れます。

しかし、サイト毎に多少の値段の違いがあったりするもので "一番安いチケットを買えるのはどのサイトなのか" 気になる所です。

 

そんな訳で、徹底的にどこのサイトが一番安いのかと言うのを調査していきたいと思います。

 

※時期によって料金は変わりますので、調査結果は参考程度にお考えください。

※今回は『スカイ・シー格安航空券モール様』の依頼を受けて記事を書いています。

 

 

 

 

スカイ・シー格安航空券モールとは?

f:id:mrinrin92:20181018001132j:plain

ANA・JAL・スカイマークやLCCなど全14社の航空会社を一括検索。国内線飛行機予約ならスカイ・シー格安航空券モール。

格安航空券モールは国内最大級の国内線販売サイトです。ANA・JAL・スカイマークやLCCなどの、人気の飛行機チケットを一括で比較・予約・購入ができます。フライト3時間前まで予約が出来るので、急な出張でも安心!簡単&スピーディに格安チケットを予約する事が可能です。

最安値をリアルタイムでチェックしながら、あっという間に購入できる24時間営業のオンラインチケットショップ!

格安航空券モール

 

正直な所、聞いたことのないサイトでした。

この手の比較サイトはたくさん存在し、実際のところ『Skyscanner』はじめとする有名比較サイトを使う人が殆どではないかと思います。そんな中で、国内線のみという点に目をつけた『スカイ・シー格安航空券モール』は、どうなんでしょうか。

 

スカイ・シー格安航空券モールの使い方

他のサイトと同様、チケット購入まで難しい事はありません。

指示通りに進んでいけばすぐに購入する事ができます。

f:id:mrinrin92:20181026101754p:plain

HPにある検索ボックスから『出発地・到着地・出発日』を選択

国内線だけという事だけあって、スカイスキャナーなどの全世界の空港を対象としているサイトと比べて、選択が簡単な印象がありました。

 

f:id:mrinrin92:20181026101743p:plain

選択結果一覧

検索すればすぐに結果が出てきます。
左のボックスから、各航空会社を選択できるので『LCC・ナショナルフラッグ』を選択できるので、好みに合わせて表示させる事が出来ます。

 

f:id:mrinrin92:20181026101824p:plain

幅広く『航空会社・時間』が選べ、たくさんの候補が出てくるので、好みのものを選択できるでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20181026101717p:plain

選択したら、基本情報を埋めていって、最後に支払いを済ませれば購入完了です。

 

詳細な内容については、こちらのページに書いてあるので気になる方は見てみてください。

当店のご利用案内 - 国内航空券 | 飛行機予約はスカイ・シー格安航空券モール

 

他の航空券比較サイトと比較してみた

以下のように、数多くの『航空券比較サイト・航空券販売サイト』が存在します。比較サイトにおいては、どのサイトも "格安・最安値" の文字が見られ、本当にそこのサイトが一番安いのかよく分かりません。

という事で、各サイトの最安値を比較していきましょう。

 

全ての行き先の値段を調べる無理なので、『12月19日 / 国内線・東京(成田・羽田)⇄札幌 / 那覇・受託手荷物などのオプション無し』の最安値を比較してみたいと思います。

 

スカイ・シー格安航空券モール

f:id:mrinrin92:20181026140141p:plain

¥5,030

この料金を基準に比べていきます。

 

skyscanner

f:id:mrinrin92:20181026140209p:plain

¥5,194

 

skyticket

f:id:mrinrin92:20181026140403p:plain

¥5,530

 

エアトリ

f:id:mrinrin92:20181026140544p:plain

¥5,030

 

トラベルコ

f:id:mrinrin92:20181026141050j:plain

¥5,520

 

LINEトラベル

f:id:mrinrin92:20181026141252j:plain

¥5,360

 

桜トラベル

f:id:mrinrin92:20181026141405p:plain

¥5,420

 

H.I.S.

f:id:mrinrin92:20181026141532p:plain

¥5,030

 

各航空会社HP

JAL・ANAなどのナショナルフラッグの航空会社では航空料金が当たり前ですが、高く出てしまうため、ここでは比較しません。格安航空会社LCCのみで比較していきたいと思います。

 

Jetstar

f:id:mrinrin92:20181026141704p:plain

¥4,390

 

Vanilla Air

f:id:mrinrin92:20181026141935p:plain

¥4,380

 

一覧表をまとめてみました。

-覧料金比較料-
比較サイト 料金

スカイ・シー

¥5,030

skyscanner

¥5,194

skyticket

¥5,530

エアトリ

¥5,030

トラベルコ

¥5,520

LINEトラベル

¥5,360

桜トラベル

¥5,420

Jetstar

¥4,390

Vanilla Air

¥4,380

『最高値: トラベルコ¥5,520・最安値: Vanilla Air¥4,380』 という結果になりました。

 

感じたメリット・デメリット

一番安い料金は "LCC航空会社のHP" でした。

最低価格保証などしているのに加え、比較サイトだと、直接販売できる航空会社HPと比べ、手数料がかかってしまう為、多少値段が高くなってしまうのは仕様が無いのかもしれません。

 

ですが、比較サイトで限定し、比べれば『スカイ・シーとエアトリ』の両者が一番安いという事が分かりました。

一括で航空券料金を調べられて、そのサイトで買えてしまうという手間が掛からないことを考えれば、納得の出来る料金差なのでは無いかと思います。

 

軽く感じたメリット・デメリットをまとめていきます。

 

メリット

・一括で多くの航空券を比較できるので分かりやすい。

・国内線に限られているので、国際線も取り扱っているサイトに比べて、入力が簡単にできる。

 

f:id:mrinrin92:20181028231742p:plain

やはりポイントは、国内線に限定されているということだと思います。

国際線も取り扱っているサイトだと、都市名か空港名を打ち込まなければいけません。一方で、スカイ・シーは国内線に限定していることで選択で選ぶことが出来ます。他にも、扱っているのは航空券のみで『ホテル、ツアー』などの余計な要素が無く、快適にチケット購入が出来ます。

 

微々たる差ですが『サイトでの検索ストレスフリー・格安価格』という点を合わせれば、国内線を多用する人にとっては、使うに値するのかも知れません。

 

デメリット

・比較サイト内では最安でありながらも、直営の航空会社HPの方が安いこともあるので、料金面で不安が残る。

 

『検索のタイミング、時期、セール』など様々な条件によって値段はサイトごとに変わるものですが ¥1,000ほども値段が変わってくると、人によっては航空会社HPで購入するという人もいるかも知れません。

サイト運営の手数料と考えれば妥当とは考えられますが、消費者にとっては「なるべく安く・一番安いところで」というのが正直なところでしょうから、とにかく一番安いところでチケットを買いたいという人にはオススメできないかも知れません。

 

 

 

まとめ

知名度はそこまで高くないながらも、航空券比較サイトとしては優秀だと思います。また、国内線に限られているので、サイトがシンプルで購入までが簡単というのも気に入りました。

正直なところ、僕は航空券はスカイスキャナーで購入していましたが、国内線に限れば今後はスカイ・シー格安航空券モールを使ってもいいかも知れないと感じました。

格安航空券モール

【おすすめ】『3in1』スマホ用モバイルバッテリーYURIZOFB 大容量10000mAh ケーブル内蔵・薄型・軽量

f:id:mrinrin92:20181018162930j:plain
モバイルバッテリーだからこそ、モバイル性を重視したい。

 

現代人に必須のスマートフォン、そんな必須だからこそバッテリー切れは死活問題です。もちろんガジェッターとして、これまで何種類かのモバイルバッテリーを購入・使用してきましたが、従来のものの問題点は "ケーブルが邪魔" ということ。

対策として、巻き取り式のケーブルなど使ってきましたが、それでも邪魔になることを解決出来ずにいました。その対策として、今回購入したのが『YURIZOFB』というメーカーのもの。

 

正直、Amazonで安いからという理由だけで、購入したんですが『ケーブルレス・Lightning・マイクロUSB・Type-C・薄型・軽量』なんて最高じゃ無いですか?

 

 

 

 

製品外観

f:id:mrinrin92:20181018162920j:plain

iPhone5sよりひとまわり大きいくらい

最初に思った感想は、意外と "高級感" があるということ。

全面ブラックの本体かつアルミの表面は、よくあるプラスチック素材で出来ているモバイルバッテリーとは違い所有感を満たしてくれます。

 

また薄型なのでバッグなどのちょっとした隙間などに収納でき、持ち運びも簡単そう。毎日使うからこそ、使いやすさが大事です。

 

大きさ・重量など

大きさ:13.8 x 6.8 x 1.5 cm

最薄部: 8mm

重さ: 198 g

 

特徴いろいろ

全ての製品に対応できる。『3in1』のケーブル

f:id:mrinrin92:20181019144844j:plain

USB Type-Cも徐々に普及してきて『Lightning・マイクロUSB・Type-C』の『3in1』の存在が大切になって来つつあります。今後は全て、Type-Cに統一されるのが一番良いんですが、その過渡期という事で現時点ではまだ "3種類のケーブルが必須" です。

 

キーボードは良好。今さらMacBook 2017が届いたので、12インチの感じなど印象をレビュー。などでも書いたように、最近MacBookを購入し、僕も本格的にType-Cの流れに乗って行くこととなると、しばらくは『3in1』で日常を過ごす必要があり、意外に少ない『3in1 モバイルバッテリー』は重宝しそう。

 

ケーブルは全て内蔵されているので邪魔知らず

f:id:mrinrin92:20181018162857j:plain

マイクロUSBと変換器1つを内蔵可能

今回モバイルバッテリーを買い替えることになった大きな理由の1つが、ケーブルを内蔵していないタイプのバッテリーだと、外付けのケーブルが必要で、それがバッグの中で『絡まったり・無くしたり・移動中の使用に不便だったり』という事情がありました。

特に、移動中の使用だと『バックから充電の為に伸びたケーブルが、どこかに引っ掛かったり、ケーブルが長くて邪魔だったり』と不便さを感じてしまいます。

電車での移動時間などにサッと充電できるモバイルバッテリーを求めていました。

 

f:id:mrinrin92:20181018162848j:plain

しかし、このモバイルバッテリーならケーブルが内蔵、かつ短いので、写真のように片手で充電しながらスマホを弄れて(いじれて)しまいます。

iPhone5sなのでバッテリーの方が大きいですが、現在主流の大画面スマホならばほぼ同じ大きさか少し大きいかくらいで、もっと持ち易いかも。

 

この便利さを味わってしまえば、もう元々使っていたモバイルバッテリーには戻れません。

 

安心の大容量10000mAh

薄型の割に10000nAhという大容量のバッテリーを積んでいます。

iPhone7 ーー約3.5回充電可能
Galaxy S6 ーー約3回充電可能
iPad mini ーー約1回充電可能

タブレットの充電などには不安が残りますが、スマホの充電には十分でしょう。一回iPhoneフル充電すると30%近く減少するので、割とすぐに充電しないといといけないという問題はありますが、日常生活では全く問題のない働きをしてくれます。

 

使い方にもよるでしょうが、2泊3日くらいの旅行では、このモバイルバッテリーを充電することはありませんでした。

 

薄型・コンパクトでどこにでも・どこへでも

f:id:mrinrin92:20181018162836j:plain

ちょっとした隙間に入り、邪魔にならない

最薄部が8mmということで、バックのちょっとした隙間に収納しておくことが出来ます。

バックの外側にある、ちょっとしたポケットにも入れておく事が出来るのでアクセスしやすく『すぐに出して・すぐにしまって』という事が出来ると思います。直ぐに取り出せ・使えるというメリットは非常に便利です。

 

以前までは、電車など隣の人との距離が近いところでは「ケーブルが邪魔になるなぁ」と、億劫だった充電も気軽にできるようになりました。

 

USBポートも内蔵。2台同時充電可能

f:id:mrinrin92:20181018162910j:plain

3種類のケーブルを使えるだけでも十分なのですが、USBポートも内蔵しています。

外付けのケーブルが必要にはなりますが、これによって、2台同時の充電が可能になります。そこまで使用頻度は高くありませんが、あるに越したことはないでしょう。

 

LEDスクリーン搭載で残り容量の確認が楽

f:id:mrinrin92:20181019144912j:plain

 表の上部にLEDスクリーンを搭載しています。電源ボタンを押すと残り容量が表示され、簡単に把握する事ができます。

結構明かりが強く、暗いところだと気になることもありますが、よくある『4つのLEDインジケーターで残り残量を表示します』というようなモバイルバッテリーだと把握しづらかった細かい残量を確認できるので、計画的に充電をできるようになりました。

 

使ってみた感想・悪いところ

f:id:mrinrin92:20181019161854j:plain

厚さはiPhone5sと同じくらい

購入から4ヶ月ほど経ち、毎日バックパックに入れて持ち運んでいる中でこのバッテリーに頼ることになる機会も多々ありました。

基本的には満足しています。メリットに関しては上記のものに被るのでここでは省略し、いくつか感じた不満点があるので、それについて書いていきます。

 

表面がスベスベ

高級感があって良いところもある表面ですが、軽くカーブしているという点で、スマホを重ねて充電するときに、ホールドが難しくなるという事があります。

 

対策でゴムなど滑り止めを貼れば良いのかもしれませんが、見た目も悪くなるのでなるべくならそれはしたくない。平面で作ってくれれば良いんですが。

 

『3in1』なのに、2つまでしか収納できない

致命的なのが "2つまで" しか収納できないという事。 

現在『マイクロUSBとlightning変換』を使っていて、Type-Cの頻度が高くないので現時点で何の問題もありませんが、もう少し工夫して3種類全て使えるようにできればよかったのにと感じずに入られません。

 

付属でついてきた、Type-Cのアダプターは引き出しの中で眠っていて、実質『2in1』担っています。

 

 

 

まとめ

こんな感じでまとめてみました。

基本的には満足していますが、やっぱり完全『3in1』を実現して欲しいです。ケーブルが短いので、MacBookを充電するなどの用途はないかもしれませんが、Type-Cの収納に困ってしまうので、やはり、どこかに収納スペースを作って欲しいものです。

【無料】PC&スマホの写真・動画 容量を減らすクラウドストレージ構想を考えてみる。Google フォト・Amazon Photos比較

f:id:mrinrin92:20181010221255j:plain

溜まる一方で減ることの無いスマホの写真。

スマホの容量には限界があるので、そのうち容量いっぱいになってしまい「もう写真が撮れない」「何かアプリを消して容量を確保しないと」なんていう事が起こると思います。でも、『残してはおきたいけど、そこまで大切でも無い』という写真を "無料で・無制限" 預けられたら一番良いですよね。

現状、ストレージが64GBのスマホを使っていて、そろそろ一杯になりそうなので無料のクラウドストレージ構想を考えてみました。パソコンやタブレットでもこれでいけちゃいそうです。

 

 

 

 

写真クラウドサービス比較

クラウドフォトストレージ比較
各サービス Dropbox  Googleフォト  AmazonPhotos  iCloudフォトライブラリー 
料金 
Proの場合、月額¥1,200
無料
プライム会員(年¥3900)になる必要あり
50GBで¥130~
無料での制限 
2GBまでしか預けられない
なし
使用には有料会員になる必要あり
5GBまでしか預けられない
良い点
写真専用ストレージでは無く、他の書類なども預けられるので利便性が高い
無料で無制限で動画も預けられる
RAWなど、オリジナルで保存できる
iPhone-iPad-Mac間など、Apple製品との相性が良い
悪い点
月額¥1,200は高い
無制限の場合、画質に制限がかかる
動画に非対応
WindowsなどApple製品以外で使うには、難あり

まずはじめにより理解しやすくするため、現在サービスが行われている写真関連のクラウドサービスをまとめた表を作ってみました。

もちろんこれ以外にも、 サービスはたくさんあると思いますが、個人的によく知っていているサービス4つに絞りました。Dropboxは純粋なフォトストレージサービスでは無いなどの問題もありますが、とりあえずこれで話を進めていきます。

 

詳しい説明は、下でするので軽く説明すると、有料であれば "Dropbox" か "iCloud" になってきます。有料な分サービスの質は良く、とりあえず困るということはないでしょう。

しかし、写真を保存するという点で、契約してから"ずっと料金を払い続けなければなりません"

言わば写真を人質にとられているような状態で、解約したら今までクラウドに預けていた写真はどうしようということになりかねません。その点でも僕の中では、無料であるGoogleフォトか(ほぼ無料の)AmazonPhotosのどちらかということになります。

 

求めている写真保存サービス

f:id:mrinrin92:20181015225248j:plain

僕が求めていることはそんなに多くはありません。基本的な機能のみを求めていて、それができれば十分なんです。

大切な写真は、PCのローカルストレージに保存しておいて、どうでもいいけど後でも使いそうと言う写真はクラウドに預けておくと言うのが理想の形。それを実現するための諸条件が下のもの。

無料で使える

有料だったらサービスがいいのは当たり前。それを "無料でやってほしい" わけです。

というのも、サブスクリプション(定額音楽配信サービスなど)全盛期という事もあり、AppleMusic・Netflix・AmazonPrimeなど、月ごとの定期支出が多くなってきています。そんなわけで、なるべくなら月々の支出を抑えたい。

 

無制限で保存可能

写真は生きている限りずっと増え続けていくでしょう。増えていった途中で 「これ以上預けることが出来ません」 という状況にでもなったら、『これまでの写真はどうなるのか・どうやって預け直せばいいのか』など面倒くさい事になるのは火を見るよりも明らかです。

"無制限" という言葉で安心できます。

 

全ての端末で使用できる

現在使用しているのは、Mac・iPhone・iPadですが外出先のパソコンで写真を見るということも少なからずあります。他にも、Android・Windowsユーザーも多くいるでしょうから、デバイス間で問題なく写真にアクセスできるというのは大きな問題です。

 

 

 

Amazon Photosがダメだった理由

f:id:mrinrin92:20181015225354p:plain

写真をオリジナル形式で無制限に保存できるという "黒船" のようなサービス。Googleフォトでは無制限での保存のためには写真を劣化させなければならないという事も踏まえて "オリジナルで" という響は大きかったです。

しかし、使ったのは数日だけでした。

RAW形式対応は良かった

無料でオリジナル形式で保存できるというのは、やっぱり良かったです。無制限で保存できるので、写真をスマートフォンやPCのローカルストレージに入れる必要がないというのに等しい意味でしょう。

これによって、写真をローカルストレージから削除してもクラウドにオリジナルで残っているので削除に苦痛も伴わないと言うか「とりあえず消してもいいか」と気楽に写真を削除する事が出来るでしょう。

 

致命的だった動画非対応

現代の生活において、写真だけ撮っていると言う事は少ないでしょう。写真と同様、動画もたくさん撮っているはずです。『友達とふざけて撮った動画・くだらない会話の動画・旅行の動画』など思い出として大切な動画って結構多いはず。

 

それが全て保存できませんでした。

 

動画こそ容量を使ってしまうので、それを預けられないのは致命的でした。大切な動画についてはPCのローカルストレージに残しているのでいいのですが、『どうでもいいけど、一応残しておきたい動画』を預けたい訳です。

それを解消したのが "Googleフォト" でした。

 

Googleフォトに決めた

f:id:mrinrin92:20181015225448p:plain

無制限のためには劣化と言う制限はあるものの、無料で使っていくと言う点で唯一いけそうだったのがGoogleフォトのみでした。

動画まで保存可能

最大の特徴である "無料で無制限保存に動画も対応" と言うこと。

写真の無料保存っていうのは、割とありふれた特徴になりつつあります。その中で、Googleフォトは動画まで無制限保存が出来るというのは非常に大きな点でした。

 

画質の低下も言われなければ分からない

使う前に、一番気になってしまうのが "画質の低下" というもの

ですが実際に、使用してみるとそこまで画質の低下ということを感じることはありませんでした。スマホでとった写真レベルであれば、メタデータを見なければ分からないくらいの画質低下なので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

 

大切な写真は母艦PCローカルストレージに保管

画質の低下はそこまで感じないとしても、気持ち的にも大切な写真が劣化するのは嫌です。なので、本当に大切な写真に関しては、ローカルストレージに保存しておくのが一番でしょう。

 

無料ストレージサービスの設計図

f:id:mrinrin92:20181013204853j:plain

スマホ・パソコン・タブレットの全てからアップロード可にしておくと、同じ写真が何枚もアップされてしまうことになります。

なので、母艦としているiMacに写真を全て集めて、Googleフォトにアップロードし、他の端末では見る専用として使っています。

これならば、同じ写真がアップロードされるということもなく快適に使えているのでおすすめです。

 

 

 

まとめ

無料でクラウドフォトストレージを使う方法を紹介してきましたが、一番いい方法は "有料プランを契約する" だと思います。写真も動画もオリジナルで保存できてしまうので、お金はかかるものの間違いなく一番いいでしょう。

すごい手軽さ。ブログ写真にミラーレスα7ではなくてコンデジRX100M3を使っている理由。

f:id:mrinrin92:20180910112034j:plain
ブログは文字と写真で出来ている。

 

例を出せば、小説であれば最大の売りは "文字" であり、テレビであれば、映像・編集・タレントなど複合的な "売り" が出てきます。 

その例通りいけば、ブログの売りというのは "文字と写真" になるでしょう。

 

主にその2つだけで読者に気に入ってもらうように読んでもらうわけですから、写真というのはとても大事で、ブログで使う写真には "綺麗で見やすい写真" をということを意識掛けて撮影するようにしています。

写真が綺麗であれば、拙い文章だってごまかす事が出来るかもしれません。

 

元々写真は趣味としてもやっているので現在 "ミラーレスフルサイズカメラ α7""高級コンパクトデジカメ RX100M3" の2つを持っています。

やはりフルサイズのカメラというのは性能が良くて、F値・露光量・ホワイトバランスなど細かいところをいじることができるので、自分好みの素晴らしい写真を撮る事ができます。

  

しかし、僕はそんな素晴らしいカメラではなく、コンパクトデジカメのRX100M3の方を使っています。

そこには、高性能なフルサイズミラーレス機に勝るポイントがあるわけですが、今回はその理由を述べていきたいと思います。

 

 

 

 

高画質

f:id:mrinrin92:20180924194303j:plain

朝焼けのベランダから

f:id:mrinrin92:20180924194451j:plain

箱根で会った猫

f:id:mrinrin92:20180924194410j:plain

バンコクの鉄道

これらの写真は全てRX100M3で撮影しました。

 

RAW形式で撮影して現像編集していますが、これほど綺麗な写真が撮れてしまいます。JPEG形式で撮って出しにしても十分に綺麗な写真を撮る事ができます。

 

 

もちろん、フルサイズのカメラで撮ればもっと綺麗に撮れるのは間違いないことではありますが、ブログで使う写真だとすればこれで十分だと思っています。

 

コンパクト・サッと撮れる

f:id:mrinrin92:20180909144425j:plain

RX100M3の最大のメリットである "コンパクトさ"

常にバックパックに忍ばせていますが、とても軽く持ち運びにもあまり苦はありません。

 

ミラーレスが一眼レフと比べて軽いとはいえ、それでも数百グラムのカメラボディーに加えて、数本のレンズを持ち歩こうとすれば結構な重労働。

コンパクトであるということは気軽に写真を撮れるということでもありますから、圧倒的機動力と高画質によって、今まではめんどくさいから撮るのを諦めていた景色だって写真として残す事ができます。

 

実際、一眼レフだけを持っていた時代と比べても撮影枚数は大幅に増えました。

 

ちょっとした出先に記事作成

ブログのアイデアというものはいつ生まれるか分かりません。

お風呂に入っている時に生まれることも、ベットで寝ようとしている時に生まれることも、はたまた外出先でふと生まれることだってあります。

 

ブログネタはリストで管理していて、リストの中から「次はどれを書こうか」という風にネタを選んでから記事を書くというのが最近のやり方です。

 

しかし、思い浮かんですぐのアイデアが 一番書きたい記事 になります。

そこで書くのをやめてしまえば、次に書くのは3日後かもしれないし1ヶ月後かもしれません。やる気のあるうちに書くのが一番早く書き終わりる方法です。

 

例えば、海外のカフェでふとずっと使っている腕時計の記事を書こうとした時に、そのカフェで急に一眼レフでずっと使っている腕時計の写真撮影を始めてしまうと、ちょっと "やばい人感" が出てしまいます。

その点、コンパクトなRX100M3であれば、その場で撮って、すぐにパソコンに読み込み記事を作成する事ができます。

 

そんな風に、急にその場で記事を作成できてしまうというのはとてもいいポイントです。

 

 

 

まとめ

RX100M3を使い始めてから、もう3年くらい経ちますがまだまだ現役でやっていけています。

ミラーレスもコンパクトだけれども、RX100M3と比べてしまうと、その大きさは雲泥の差です。そんなわけで今後もRX100M3を愛用していくことでしょう。

【長期レビュー】これがあれば何処にでも。CASIO G-SHOCK GW-M5610-1BJF

f:id:mrinrin92:20180915115214j:plain

日常生活において、絶対に必要なものの一つが時計で、最近ではスマホとかスマートウォッチを使っているなどデジタル化が進んでいますが、腕に巻く昔ながらの "腕時計" を一つは持っていて良いんではないかと思います。

 

その中でも、多用しているのが言わずも知れた "カシオ Gショック"

 

長年に渡って人気を保ち、その耐衝撃性能はもちろんのこと、ソーラー電波・防水など装飾に派手さこそないものの "完璧" を体現した時計ではないかと思い、とても気に入って使っています。

 

今回は、この愛用する "CASIO G-SHOCK GW-M5610-1BJF" の紹介・長期レビューです。

 

 

 

 

外観

f:id:mrinrin92:20180915231305j:plain

シンプルなデザイン

ダークグレーで統一された全体は、シンプルかつクールな仕上げ。

チープさはそこまで強くなく、日常使いには問題ないデザインになっているでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20180915231254j:plain

耐衝撃のための "中空ケース" と呼ばれる独自の構造を用いて、外部からの衝撃に耐える様にできている。

愛着の湧くフェイスも人気の理由だろう。

 

f:id:mrinrin92:20180915231940j:plain

SHOCK RESISTのバック刻印

ベルトは、耐衝撃形状となっており、バンドとケースの接続部をカーブ状に固定。

バンド自体が落下時の衝撃を防ぐ役目を果たし、ケース裏側への直接衝撃を防ぐ様になっている。

先ほどの中空ケースと併せることで、あらゆる角度からの衝撃を防ぐ構造だ。

 

f:id:mrinrin92:20180915231928j:plain

側面には4つのボタンが

各ボタンを押すことで、ストップウォッチ・バックライト・タイムゾーンの変更などができる。

特に暗所でのバックライトはとても便利だ。

 

特徴

安いながらも、沢山の機能がこの一つに詰まっています。

詳細については、メーカーHPを参照下さい。

1983年に誕生したDW-5000Cのデザインを継承し、タフソーラー、マルチバンド6を搭載し、進化を果たした人気のGW-M5610シリーズから新色が登場します。ファーストモデルDW-5000のケース形状、文字板デザインを受け継いだクラシカルなデザインはそのままに、A49ブラックのケース・バンドに反転液晶を組み合わせました。色埋め部分すべてにダークグレーを採用し、全身モノトーンでクールに仕上げています。タフネスをコンセプトに進化を続けるG-SHOCKの中で、ファーストモデルのDNAを受け継ぎ、更に進化したGW-M5600シリーズモデルです

 

仕様

●耐衝撃構造(ショックレジスト)
●20気圧防水機能
●タフソーラー(ソーラー充電システム)
●電波受信機能:自動受信(最大6回/日)(中国電波は最大5回/日)/手動受信、対応エリア/日本・北米地域・ヨーロッパ地域・中国
*ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
●ワールドタイム:世界48都市(29タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、UTCダイレクト呼出機能
●ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
●タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
●時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
●バッテリーインジケーター表示
●パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
●フルオートカレンダー
●12/24時間制表示切替
●操作音ON/OFF切替機能
●ELバックライト(フルオートELライト、残照機能付き)
●フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間:機能使用の場合/約10ヶ月、パワーセービング状態の場合/約26ヶ月
※電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。

GW-M5610-1BJF | DIGITAL | G-SHOCK | 時計 | CASIO

 

特に気に入っているところ

多くの機能が装備されていて、それぞれ便利な機能ではあるんですが、その中でも特に僕が気に入っている機能を取り上げていきたいと思います。

 

耐衝撃・防水

f:id:mrinrin92:20180922010944j:plain

G-SHOCKといえば、耐衝撃・防水でしょう。

実際、日常生活をする上に置いて、耐衝撃や防水の恩恵を受けることっていうことはそこまでないんですが、気持ちの面での作用が大きいです。

 

ROLEXなど、ちゃんとした腕時計ならば "丁寧に" 扱わなければ、内部部品の破損などによって故障の原因などになります。

 

しかし、この腕時計ならば "ぶん投げても" 大丈夫です。

実際にぶん投げるという機会はあまりないと思いますが、アクティビティーや旅行の時に時計に気を使わなくていいという点をとても気に入っています。

どこかに時計を強くぶつけても、時計を付けたまま水の中に入っても、なんの問題もありません。

"雑に扱っても大丈夫" というのが、気持ち的にとても楽なので、少しアクティブなことをするという時には必ずこの時計をつける様にしています。

 

ソーラー電波

f:id:mrinrin92:20180922011015j:plain

正直なところ、日常的にあまりこの時計を使うことはありません。

というのも、ほとんどスマートウォッチを使っているからで、腕時計をつけることすら稀です。

 

でも、そんな使う機会が稀だからこそ "使いたいときに動いている" ということが大切なわけです。

 

ソーラー電波の機能を搭載しているので、バッテリーは勝手に充電されていて、24時間365日半永久的に動き続けています。

さらに電波時計なので、バッテリーの消費によって時間が遅れてくるということもありません。

日本・中国・ヨーロッパ・北米であればそこの標準電波を受信して自動で時間を修正してくれるので、手間も無し

 

365日半永久的に正しい時間を刻んでいるということが良い

 

ワールドタイム

f:id:mrinrin92:20180922011107j:plain

世界48都市・29タイムゾーンに対応していて、世界中どこでも使うことができます。

 

この時計を使う機会は、大体は海外に行く時なので、このワールドタイムにはとても助けられています。

旅行中は荷物が多かったりで、スマホよりも腕時計で時間を確認する方が楽です。

そんなために、上記のソーラー電波などの機能の上ワールドタイムということで、海外で使う時計にすごく便利。

 

 

 

まとめ

f:id:mrinrin92:20180915231057j:plain

他にも軽量であったり、シンプルデザインであったりと気に入っている面はありますが、とにかくアクティブからカジュアルまで、広い場面で使えるというのがとても気に入っています。 

¥15,000と安い割に、機能はたくさん入っていて、買って後悔することはない時計だと思います。

心拍・通知・GPS 安くても万能スマートウォッチ! 「Lintelek ID115Plus HR」レビュー【PR】

f:id:mrinrin92:20180911232247j:plain

Apple Watchを始めとするスマートウォッチが徐々に普及してきた。

 

街を行く人をみれば、多くの人がスマートウォッチを付けているのが目につくようになり、これからの益々の普及が想像されます。

 

しかし、一部の高級スマートウォッチにばかり目に行きがちですが、そこまでの高機能を求めていない層も確かにいる訳で。

自分がその一人なのですが、低価格帯でも活動量計・通知機能が使えるスマートウォッチは、Amazonで探せば ¥3,000くらい で買えてしまいます。

 

僕自身、何種類かスマートウォッチを持っていますが、新たに Lintelek様 からスマートウォッチ "ID115Plus HR" を提供して頂いたので、そちらの製品の使用感などを確かめて、使い心地やメリット・デメリットなどを紹介して行こうと思います。

 

 

 

 

外観

f:id:mrinrin92:20180903014405j:plain

外箱はシンプルで赤いロゴが目を引く

f:id:mrinrin92:20180903014427j:plain

内容物も本体・説明書・会社紹介紙だけだ

梱包物はとてもシンプルで、USB給電なのでケーブルすらなく、無駄なものは入っていないという感じです。

説明書は、英語など多言語の他に、もちろん日本語でも書いてありました。

 

多言語で書いてあるので、無駄に説明書が厚くなるのは難点

 

f:id:mrinrin92:20180903014442j:plainスマートウォッチ本体は黒を基調としており、側面のシルバーの部分が黒を引き締め、スタイリッシュさ・カッコ良さを感じることが出来ます。

 

黒以外にも、他5種類のカラー展開をしているので、自分が一番気にいるものを選択可能です。

 

f:id:mrinrin92:20180903014451j:plain裏面には、心拍センサーがあり多少出っ張っていますが、付けてしまえば気になるものではありませんでした。

 

f:id:mrinrin92:20180903014500j:plain画面下のベルトを引き抜くとUSB端子が現れて、ここから充電をすることになる。

専用の充電ケーブルなどの必要が無く、どこでも充電できるという点でとても便利だと思います。

 

f:id:mrinrin92:20180903014830j:plainベルトは触ってみると、思ったより柔らかく、すぐに曲がる。

手首へもフィットしやすく使い心地が良さそうです。更に、留め具もしっかりしているので、使っていてベルトが外れるということは起こらなそう。

 

アプリの設定

f:id:mrinrin92:20180903021459j:plain

 

"VeryFitPro" と調べるとすぐに出て来るのでそれをダウンロードします。

VeryFitPro

VeryFitPro

  • an he
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

f:id:mrinrin92:20180903021508j:plain

連携は非常に簡単で、特に説明書もみなくても、アプリの指示にしたがってやっていけばすぐに連携することが出来ました。

 

f:id:mrinrin92:20180903021509j:plain

アプリからは、様々な設定をすることが出来て、このように文字盤やアラーム時間、通知するアプリの設定などが出来ます。

 

製品特徴

f:id:mrinrin92:20180903211138p:plain

今回提供して頂いた製品は "ID115Plus HR" というもの

 

Amazonでのレビューの評価はとても高く、人気の高さが分かります。

細かい特徴については上記のリンクから見てもらい、ここでは特に気になった特徴について取り上げていきたいと思います。

 

バッテリーの長さ

これまでみてきた多くのスマートウォッチのバッテリー持ちは数日から、最大でも5日程度でした。

その平均と比べこの製品の場合は、公称で 5日~10日 という超時間使用が可能らしい。

  

長くても5日くらいが一般的なので、このロングバッテリーはとても興味が惹かれます。

 

多機能文字盤

f:id:mrinrin92:20180903213758p:plain

5種類の文字盤が用意されていて、専用アプリから自分が好きなものに変更可能

 

文字盤を変更する機会は多くないかもしれないですが、気分転換できて嬉しいです。

 

24時間の心拍センサー

今まで使って来たものが、心拍の24時間測定に対応していなかったので、少し期待しています。

iPhoneのHealthアプリに対応しているので、記録された心拍が一目で確認できることが個人的に嬉しいです。

 

f:id:mrinrin92:20180912220306p:plain

 

これまでは「AppleWatchなどを買うしかないか」と思っていた機能でしたが、歩数などもあわせて、この製品1つとiPhoneで心拍・睡眠分析、歩数などの健康管理を出来てしまうのはとても良い連携だと思います。

 

様々なアプリに対応する通知機能

スマートウォッチで頻繁に使う機能の一つが通知機能だ。

移動中、仕事中、何かやっている途中など "~してる途中" に確認出来るので非常に便利。

 

電話、LINEなどは当然として、Instagramに対応しているのが個人的に嬉しいところです。

 

 

スマホのGPS連動での運動データ追跡

これまで買ったものには無かった機能です。

スマートフォンのGPSと連携させる事で、ランニングなど運動の際に正確に距離などを

 測ることが出来る。

 

使ってみて感じた 良いところ・悪いところ

製品の到着から2週間が経ち、毎日使って感じた感想を書いていきます。

 

良いところ

液晶が大きいので画面の確認をしやすい

思っていたよりも大きいディスプレイ、この恩恵はすぐに受けることが出来ました。

時間を確認する時に、ディスプレイが大きいので時間の把握がしやすいです。

 

他にもLINEやTwitterの通知なども確認しやすく使いやすいです。

 

大きいからといって邪魔ということもないのでその点がまたGoodです。

 

ロングバッテリー 

f:id:mrinrin92:20180910113945j:plain

公称値が最大10日ということで、些か信じられなかったので使ってテストをしてみました。

 

毎日使用し、毎日1万歩前後、また3日くらいは旅行があったので一日3万歩くらい歩きました。

それに加えて、1日数十回の通知など、テスト中は普通より少しヘビーな使い方をしたと思います。

 

使い始めたのが9月2日、そこから毎日使って、電池が切れたのが9月9日なので約1週間は電池が持つようです。

 

これまでみてきた他のスマートウォッチに比べても ロングバッテリー で「充電しないと」というストレスが少ないのでとても気持ちが楽です。

 

充電もUSB給電なのでモバイルバッテリーなどから簡単に充電できて バッテリーに関しては超優秀 です。

 

iPhone Healthアプリと同期できる

これまで使っていたスマートウォッチがHealthアプリと連携出来なかったというのもあるのでとても期待していました。

 

歩数・心拍などの情報がiPhone1つで見れるのでとても便利

 

Line、Twitter、Instagramの通知に対応している

Line・Twitterまでは対応しているものがあるんですが、Instagramに対応しているので嬉しい。

たくさんのアプリに対応しているので、通知の必要があるほとんどのものに適応できると思います。

 

更に、この手のスマートウォッチで多いのが、LINEなどの場合、表示が途中までということが多いのですが、この製品の場合ホームボタンを押すことで次のページに移り、全文が表示されます。

 

悪いところ

傾けても時間が表示されない

スマートウォッチということで、時計の機能は大事だ。

腕を傾けて "サッ" と時間を確認する。それが、出来ない。

 

出来ない事はないのだが、感度が悪いのか傾けても時間が表示されないことの方が多い。

その為にわざわざホームボタンを押さなければいけなく、めんどくさい。

 

これは時計としては致命的な欠点になります。

 

 

 

 

まとめ

f:id:mrinrin92:20180903205457p:plain

この記事はLintelek様の提供を受けて執筆しました。

 

提供ということ関係なしに、とても良い製品で自分で購入しても良いくらいでした。

しかし、傾けても時間が表示されにくいということが致命的で今後も使い続けていくかというと微妙になってしまいます。

たまたま、不良品に当たっただけの可能性もありますが、結構ストレスがかかる不具合なので、参考にしてご購入ください。

百均で作る マイクのもふもふ。 風切音対策にマイクジャマーを100円で作ってみた。

f:id:mrinrin92:20180907105949j:plain

地元の海岸線での一枚

一眼で撮る動画は美しい。音声以外。

 

そこまで使用頻度が高いわけでは無いので、カメラでの動画撮影は本体内蔵マイクを使っているんですが、その際に問題になるのが "風切り音"

 

「室内での撮影だったら問題無いんですが、風の強い日にそ "ゴォォォ" に出たら撮って "ゴォォォ" ます。」みたいになりがち。

 

動画を見返したときに風切り音が入っていると映像がキレイなだけに "残念感" が強くなってしまうので、風対策をすることにしました。

 

しかし、本体内臓マイクに対応するマイクジャマーはなかなか売っていないので自作するしかない。

とりあえずダイソーに行って、使えそうなものを探したところ、あるものを発見してそれが効果覿面(てきめん)だったので紹介します。

 

 

 

 

作り方

f:id:mrinrin92:20180907075958j:plain

今回使うのは、ダイソーで売っていた "隙間テープ" です。

 

隙間テープにも数種類ありましたが、その中でも "起毛" のものを買いました。

他のスポンジ状のものでも性能は変わらないかもしれませんが、なんとなく "ふわふわ" している方が、マイクジャマーっぽいし、風も低減してくれるのかと思ってこれにしました。

 

f:id:mrinrin92:20180907080018j:plain

素材はナイロンのようなもので、本物のジャマーに似た感じです。

 

今のところ大丈夫ですが、経年でこれが抜けてくるかもしれません。抜けてきたら追記したいと思います。

 

f:id:mrinrin92:20180907080020j:plain

粘着テープでの接着

裏面は粘着テープになっていて、カメラに直接つけても跡残りはしなそうです。

 

カメラに付けるこれでマイク穴を塞ぐことになってしまうので、音声がこもって

しまわないか心配なところではあります。

 

f:id:mrinrin92:20180907080014j:plain

僕が使っている僕が使っているSONY 初代α7では、マイクは上部側面の2カ所にあり、風の影響をダイレクトに受ける場所で、尚更に風対策が必要とされます。

 

写真のように以前にもマイクジャマーを作ってみようと試し、テープを付けましたが、あまり効果は感じられませんでした。

 

f:id:mrinrin92:20180907080022j:plain

実際に付けてみると、こんな風に "本物っぽく" なりました。

 

しっかりモフモフしているので、効果はありそうです。

モフモフの毛が上に向かってまっすぐ伸びているので、横には毛がない状態になっていますが、風切り効果に影響はあるのか。

 

 

テスト

f:id:mrinrin92:20180909150639j:plain

実際にテストをしてみました。

α7をスピーカーの前において、息を吹きかけるという形です。

 

息の強さにムラはありますが、大体どれくらいの効果があるかと言うのは分かるかと思います。

 

ジャマー無し

 

ジャマー有り

 

聞いてもらえば分かる通り、大きな効果があり

ジャマー無しと比べて明らかに風切り音が低減され、音声が聞きやすくなりました。

 

風切り対策としては大成功と言えるでしょう。

 

良いところ

¥100とかなり安い

普通に買えば、安くても ¥1000~ はするマイクジャマーが、10分の1の値段で作れたのは、かなりお得感があります。

 

しかも、本体付属マイクに対応するジャマーは販売されていないと思うので、それに対応できるというのも尚のこと良し。

 

効果的だった

値段以上に効果的だったのは言うまでも無く、しっかりと風切り音を低減できていて、これからは外での動画も怖くありません。

 

悪いところ

毛がとれる

現時点で、使っていてジャマーの毛が取れてくるという事はありません。

 

しかし、作っている過程でカットした時に、ジャマーの細かい糸が大量に発生しました。

静電気が発生して手についてくるので処理も一苦労。もし、経年で毛が取れてくるようになったら、その毛がカメラ内部とかに入って不具合に繋がる可能性もあるので心配です。

 

マイク穴を塞いでしまうので、多少音声がこもる

付ける以上避けようの無い事ですが、マイク穴を完全に塞いでしまいます。

 

それでも、音は録音されていますが、ジャマー無しに比べると集音性が悪くなったことが感じられます。

風対策が効果的なので今後も付けたままでいきますが、穴を完全に塞がないような改善が出来れば試していきたいと思います。

 

 

 

まとめ

f:id:mrinrin92:20180909144425j:plain

RX100M3にも付けてみました。

たまたま百均で見つけたものでしたが、予想以上に効果的で感動しました。

 

外付けのマイクだと大きくて邪魔になるし、嵩張る(かさばる)ので性能はいいのかもしれないけど使いたく無いんですよね。

そこで、本体マイク用のジャマーを考えたんですが、これならば邪魔にならずに使っていけそうです。

ぜひ参考にしてみてください。

計13日間: RX100M3を修理に出した話。RX100M5、RX100M6も多分同じ感じだと思う

f:id:mrinrin92:20180826012059j:plain

使っている以上壊れる。

修理に出さないといけないんだけれども、どれくらい修理にかかるのかが気になる。

 

買ってから3年くらい使って来た RX100M3 なんですが、毎回旅行に持って行ったり・日常のスナップ写真の為に常にカバンに入れていたりで使う頻度がものすごく高いです。

 

だけど、頻度が高い分それだけ 故障のリスク も付き物でした。

 

落とさないようにストラップを付けたりしていたけど、それでもたまに落としてしまっていて、これまでは幸いにも傷が付くくらいで問題なく使えていたんですが、香港に旅行に行った時、RX100M3を結構な高さから落としてしまいました。

 

外観に壊れとかはなかったので「大丈夫か」と思っていたんですが、帰って写真を整理していた時に 動画に音声が入っていない ことに気付きました。

 

これが致命的で、RX100M3で撮る動画は広角で撮れるし、暗いところでも写るということで、スマホに比べても圧倒的に綺麗に撮れたので重宝しいたからです。

それでもしばらくは使っていたんですが、今後も使っていくために遂に修理に出すことに決めました。

 

計13日間 かかったんですが、その時系列に沿って、修理の申し込みから発送・受け取りまでの流れを紹介します。

 

 

 

 

申し込みから受け取りまで

修理代

検索するとすぐにSONYの修理ページが出て来て

それによると、RX100M3の場合の修理代金は一律で¥15,000~となっていました。

 

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれだと思いますが、僕の場合はだいぶカメラ本体にダメージがあって、それが新品同様になるようなので、まぁ許せました。

f:id:mrinrin92:20180826003544p:plain

RX100M4・RX100M5などはまた別料金になるようなので、詳しくはホームページで調べてみてください。

デジタルスチルカメラ サイバーショット™ | 修理料金の目安 | 修理のご相談 | サポート・お問い合わせ | ソニー

 

僕の場合の故障部位

通算10回近く落としているので、たくさんのところに傷跡ができています。

f:id:mrinrin92:20180826004133j:plain

まず、右下のところのプラスチックボディーの欠け

f:id:mrinrin92:20180826004121j:plain

動画に音声が入らなくなった事件の時の落とした拍子でEVFのところに少し隙間ができてしまった。

 

f:id:mrinrin92:20180826004110j:plain

そして、いつからか画面の反転が効かなくなってしまいました。

広角を活かして自撮りとかもするので、これがないと割と困ることになり、磁気で反転することに気づいたので、対処療法としてマグネットを付けていましたが、見栄えが悪いのでいつか修理に出したいと思っていました。

 

f:id:mrinrin92:20180826004059j:plain

最後の駄目押しに 動画の音声 が入らなくなってしまった。

動画自体は撮影できるんですが、音声がない動画ってみるに耐えないです。

 

これだけ盛りだくさんと言うことで、最初は修理代金もかなり高くなってしまうんではないかと心配していたんですが、修理代は一律で¥15,000 となっていて、それ以上になる心配はないとのことでした。

 

webで申し込んでみた

f:id:mrinrin92:20180826005252p:plain

さっきの修理ページ下にある申し込みボタンを押すと、次のような画面が出て来ます。

そこで、型番と症状を打ち込んで次のページに行きます。

 

f:id:mrinrin92:20180826005503p:plain

すると、3つの修理サービスを選択できます。

それぞれを簡単に説明すると

引取修理サービス

宅配業者が家に壊れたカメラを受け取りに来てくれるサービス。

選択後に細かく分けられた、引き渡し時間帯を選択できるので自分にあった時間を選べます。

他にも、カメラを渡すだけで、化粧箱に入れる必要など何もないので一番楽な方法です。

 

宅配修理受け取りサービス

壊れたカメラを自分で修理受付センターに発送するというサービス。

 

持ち込み修理サービス

壊れたカメラを自分で直接修理窓口に持って行くサービス。

これで輸送費がかからないので一番安い修理方法になりますが、修理窓口が極端に少ないので、都心に住んでいる人以外は使えないサービスになります。

 

 

僕は引取修理サービスが一番楽だったのでそれを選びました。

 

必要事項を記入後、メールが送信されてきて受付は終了。

呆気ないくらい 簡単な申し込み でした。

 

修理代の支払い方法が、修理されたカメラ受取時に代引きでの支払いのみで、カードが使えないのが多少の不満

f:id:mrinrin92:20180826010610p:plain

 

発送から受取まで

僕の場合、申し込みの翌々日にカメラの引き取りに来ました。

2日前の夜11時くらいに申込みをしたので引き取りが翌々日になりましたが、通常前日に頼めば、翌日引き取りをしてもらえそうです。

 

メールにも書いてありますが、宅配業者が梱包材料を持って来てくれるのでそのままカメラを渡せば大丈夫

 

バッテリーやメモリーカードに関してもそのまま入れておいて大丈夫なようでしたが、僕は一応SDカードだけ抜いておきました。

 

f:id:mrinrin92:20180829221658j:plain

修理の状況については、メールにあったURLから確認できますし、修理完了後に見積もりという事で電話がかかってくるので、突然家に届くという心配は無さそうです。

  

発送から9日後、修理からの帰宅

f:id:mrinrin92:20180906175325j:plain

発送から10日後、修理されたRX100M3が戻ってきました。

 

実際は、2日前に受け取れたのですが不在だったので受け取りは10日後になってしまいました。

不在中は旅行に行っていて、それに行く前までに修理品を受け取りたかったのですが、ネットでみた記事より修理に時間がかかって、旅行後の受け取りになってしまったのが残念。

 

よって、修理にかかった期間は8/25~9/6の 合計13日間 になりました。

うち、無駄だった時間を除いても合計9日間になるので、1週間以内に家に返ってくるっていう事は難しいのかも知れません。

 

f:id:mrinrin92:20180906174941j:plain

本体から修理部品まで全て綺麗に梱包されていていました。

 

バッテリーも戻ってきたので、修理の際に "SDカード・バッテリーなど" は入れたまま送っても問題ないでしょう。

 

f:id:mrinrin92:20180906174904j:plain

驚いたのは修理されて戻ってきた 部品の量

 

修理で交換されて、使わなくなった以前の部品が戻ってくるんですが、ボディーフレーム・液晶・レンズフレーム・基盤etc... ほぼ全てが外されていました。

 

「今までよく使っていたな」と思うくらいの修理されようで、¥18,000の修理代も安く感じます。

 

f:id:mrinrin92:20180906174922j:plain

時間はかかりましたが、新品同様になって返ってきたRX100M3

 

どんどん新しいカメラが発売されていますが、これからも愛着を持って、修理によって新たに生まれ変わった2世代目のRX100M3を使っていきたいと思います。

 

 

 

まとめ

f:id:mrinrin92:20180826012340j:plain

RX100M3で撮った香港の写真

2万円近くかかる突然の出費でしたが、今後もRX100M3を使って行く為にはしょうがないものだったし、新品同様で戻って来たのでちょっと得をした感じもあります。

何にせよ、新しくなったRX100M3にこれまで以上に愛着を持って、毎日使って行きたいと思います。

 

いっぱい、思い出作るぞ。