ランゲルハンス

福島県の田舎生まれの19歳。現在は東京に暮らし、某MARCH大学で日々勉強中。買ったもののレビューを主に、自分の趣味や生活、気になることなど綴っています。 お問い合わせ、お仕事の依頼はこちらにお願いします。 mrinrin88@gmail.com

【Apple】iPad10.5! iMacPro! HomePod! WWDC2017 発表まとめ

WWDC2017が終わり、噂されていた通りのものや意外なものなど色々なものが発表されました。今回は発表されたものざっくりとまとめてみました。

Product

iPad Pro10.5インチ

今回のWWDCで発表されるだろうと噂されていた通りに登場したのが、iPad Pro10.5インチ。

これで、iPadはminiを含めると4種類展開になっています。(なお9.7インチは無印iPadだけになりました。

 

ディスプレイ

120Hzリフレッシュレート

マルチタスキング

CPU・グラフィック

など大半のスペック、向上しています。

 

f:id:mrinrin92:20170606062721p:plain

無印iPadと比較して重さは変わりませんが、高さ・幅は共に長くなり、厚さは1.4mm薄くなっています。

 

f:id:mrinrin92:20170606062924p:plain

値段も向上しており最低の64GBで¥69800(税抜き)〜最高512GBで¥102800となかなか手を出しにくい値段になっています。

 

本日2017年6月6日から販売開始です。

iMac Pro

f:id:mrinrin92:20170606063154p:plain

ブラック...(かっこいい)

 

予想外の発表となったのが、iMac Pro

その名の通り、プロ用のMacのようです。MacProの開発が遅れているのか、はたまたこれで我慢しろということなのかはわかりませんが、見た目は色以外、今までのiMacと変わることなく、内側にスペックというスペックを詰め込んだようなものになりました。

 

5Kディスプレイ

18コア

最大4.5GHz

42MBキャッシュ

128GBメモリ

など、おばけスペックになっています。

 

f:id:mrinrin92:20170606063622p:plain

本体だけでなく、付属品もブラックになっていて、個人的に付属品だけ単品で販売してほしいですね。

 

お値段もモンスター級で$4999から日本円で約55万円からとなります。販売は12月から

 

 

 

Macマイナーチェンジ

MacBook・MacBook Pro・iMacの3種類がマイナーアップデートをしました。

MacBook

Early2016と比較すると

 

プロセッサーが向上・i core5搭載モデル登場・2世代キーボード

 

くらいのマイナーアップデートになってます。

 

 

MacBook Pro

昨年11月に登場して間もないMacBook Proもマイナーアップデートです。

 

Touch bar非搭載モデルが2種類に増加

新CPU KabyLake搭載

 

が大きなところ。

個人的に残念な点が、Touch barなしの最低価格モデルが128GBSSDになってしまったことです。

絶対に新しいCPUじゃないと嫌だという人以外は前モデルを買うのも1つの手ですね。

 

iMac

 

ディスプレイ・スペックの向上・Type-C搭載

 

くらいのマイナーアップデートになっています。

 

 

HomePod

日本語版のAppleのサイトには載っていないので、US版のサイトです。

 

スピーカの機能はもちろん、Hey siriを使えたりなど。

最近のトレンドである、スマートスピーカーをAppleが出して来ました。

 

また、Appleが覇権を握るのか、見どころです。

 

12月にアメリカ、イギリスなどの英語圏で販売予定ですが、日本では対象外です。

 

OS

iOS11

f:id:mrinrin92:20170606065859p:plain

ついにiPadのマルチタスキングが登場です。

今までは、Splitviewで画面2分割まででしたが、今回のアップデートで、さらに高度なマルチタスキングができるようです。

そのほか、ApplePencilの機能性向上・新たなApp Store・コントロールセンターの一新、カスタマイズ可能など、期待が膨らみます。

 

今日からベータ版の配信、秋頃iOS11の配信予定だそうです。

www.apple.com

 

macOS High Sierra

f:id:mrinrin92:20170606071129p:plain

大きくは写真safariの向上のように見えます。

 

写真

f:id:mrinrin92:20170606071717p:plain

写真では、今まで以上に機能の幅を増やし、編集ツールの増加・誕生日など大切な思い出のためのメモリー機能など改善されています。

 

safari

f:id:mrinrin92:20170606072213p:plain

日本語英語の切り替え不要・高速化・Siriの表現が豊かになど利便性が向上しています。

 

写真は毎日レベルで使っているし、safariは僕のメインブラウザであるしで僕にとってはいいことずくめのアップデートになります。

 

そのほかにも、メモ・メールなどのソフトも改善されるようです。

watchOS4

 改善に改善を重ねて第4弾にもなる今回のwatchOS

 

もっと直感的に。もっと賢く。もっとあなたに。

 

を合言葉に様々な機能の改善が見られます。

 

アクティビティーでは、目標達成に向けて提案をしたり、目標達成時にはお祝いをしてくれたりなど、モチベーションを上げる工夫がいたるところにされているようです。

 

f:id:mrinrin92:20170606072815p:plain

新たにSiriの文字盤も登場し、未だキラーアプリに欠けるAppleWatchの利便性の向上が図られています。

 

 

その他 

テンキー付きのワイヤレスキーボード、Apple Watchのバンド、iPadのレザースリーブなどアクセサリー面も充実しています。

まとめ

ジョブズの時代に比べてワクワクが減ったなどの声も増えたような気がしますが、それでも僕はAppleのプレゼンは毎回数週間前からワクワクしてしまいます。

今回の発表では、iMac Proのダークホース感がすごかったですね。(僕がブログ書くために買うにはオーバースペック過ぎますけど)

 

僕自身、現在1世代前(になってしまった)iPadProを持っているんですが、それもすごくスペックだ高、日常使いで困ることはないので、購入するなら新しいiPadProかなぁなんて思っていたんですが、その可能性は薄そうです。

 

iOS11、新macOSなどはとてもgood!秋が待ち遠しいです。(beta版使っちゃおうか...)

 

MacBookProのアップデートも良かったんですが、為替の関係なのでしょうがないですが、Touchbarなし256GBが¥16万〜になっちゃったし、いいところ悪いところあった2017WWDCでした。